lioness02.jpg

写真拡大

<アメリカで続々と発売されるハイテク・バイブレーターはオーガズムをグラフやアニメ化してくれるが、快感が置き去りになるという声も>

リズ・クリンガー(29)はバッグに手を入れると、4年越しで開発したバイブレーターを取り出した。淡いグレーで先端が丸くなっており、下側には女性のクリトリス(陰核)を刺激する突起が付いている。使いやすさを追及した持ち手部分には、触るだけで簡単に違いが分かる2つのボタンがある。「私たちはこれを、好奇心旺盛な人のためのバイブレーターと呼んでいる」とクリンガーは言う。「デザインはあえて一般的なバイブレーターに近づけたが、使用後にスマホのアプリでデータを見られるのが特徴だ」

クリンガーと筆者はニューヨーク・マンハッタンの中心部にあるコワーキングスペースのソファに座っていた。周りにいたのは男性ばかり。真後ろにいる人は、「シンクポッド」(個室ブース席)で背中を丸めてノートパソコンに向かっていた。他にも数組のグループが木製の長机の周りにいた。私たちはバイブレーターを持っていたので、彼らが時折こちらの方へ視線を向けるのはもっともだった。

「これがオーガズムのグラフよ」

クリンガーは周囲の視線を気にしない。彼女は米スタートアップ企業、ライオネス社(Lioness)のCEO(最高経営責任者)兼共同設立者だ。本人曰く「世界で最もスマートなバイブレーター」であるライオネスは、基本的にはヴァギナ(女性の膣)の健康状態をトラッキングするものだ。価格は229ドル(送料別)で、4種類のセンサー──膣を締める骨盤底筋の測定用が2つ、体温測定用が1つ、動き測定用が1つ──が内蔵されている。使用後に測定したデータをアプリに蓄積することで、女性は自分のオーガズム(性的絶頂)のパターンを学び、パートナーとのコミュニケーションに役立てることができるという。


(中央が、スマート・バイブレーターのライオネス社を立ち上げたクリンガー)

クリンガーはiPhoneを片手に「これがオーガズムよ!」と言い、アプリのグラフ上で最も長い縦軸が連続した部分を指した。「このグラフは秒単位で骨盤底筋の動きを測定したもの。使用するたびにデータが蓄積されるので、オーガズムに達する時の大まかなパターンを掴める」。

【参考記事】セックスとドラッグと、クラシック音楽界の構造的欠陥

アプリはユーザーのオーガズムをアニメーションで示し(〇が拡大と縮小を繰り返す)、セックス日記もつけられる。同じようなオーガズムのパターンをもつユーザーの経験をもとに、アプリがバイブレーターのより効果的な使い方も教えてくれる(同社のプレスリリースには、「このオーガズムのパターンを持つユーザーは、ライオネスを上に傾けて使用すると快感を得やすいと言っている」などの提案例が紹介されている)。

アビゲイル・ジョーンズ