故障者/磐田=山本、C大阪=清武、山村、アン・ジュンス 
出場停止/磐田=なし、C大阪=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ23節
ジュビロ磐田-セレッソ大阪
8月19日(土)/18:30/ヤマハスタジアム
 
ジュビロ磐田
今季成績(22節終了時):6位 勝点38 11勝5分6敗 34得点・20失点
 
【最新チーム事情】
●14日の明海大との練習試合で松浦がハットトリック。
●上原、荒木ら若手も躍動!
●同練習試合で松本が右膝靱帯を傷め4〜6週間離脱となった
●13日、小川大に第二子が誕生
 
【担当記者の視点】
 前節のG大阪戦は押し込まれながらも粘り強く戦い、2-0の勝利を収めた。6連勝のあと、3試合ぶりの勝点3を掴んで再び6位に浮上。『強豪食い』は今季得意とするだけに、2位のC大阪にも怯まず挑む。
 
 名波監督は次のように、勝敗を分けるポイントを挙げた。
 
「攻撃的な試合にしたい。(C大阪は)後ろから前に出て行く回数が特に多い両ボランチとサイドバックに対し、我々も出て行く。どちらが出て行けるか」
 
 しかし、痛みや怪我(軽傷)を抱えている選手も多い。エースストライカーの川又の出場も微妙か。一方、荒木、上原らが台頭しており、若手の奮起に期待したい。
 
J1リーグ23節
ジュビロ磐田-セレッソ大阪
8月19日(土)/18:30/ヤマハスタジアム
 
セレッソ大阪
今季成績(22節終了時):2位 勝点44 13勝5分4敗 45得点・25失点
 
【最新チーム事情】
●山村が8月9日の21節・清水戦で左膝を負傷。全治まで約5週間。
●その山村の代役は福満とR・サントスが争う。前者であれば4-2-3-1、後者ならば4-4-2か。
●最終ラインはCB木本が4試合連続、右SB田中が3試合連続でスタメンか。
 
【担当記者の視点】
 2-0から逆転負けを喫した21節の清水戦(●2-3)は、山村の負傷による途中退場も重なり、まさに手痛い1敗となった。トップ下として攻撃を牽引してきた山村の代役は、ルヴァンカップで奮闘する福満かR・サントスになるか。
 
 R・サントスは20節の札幌戦で今季初先発して勝利に貢献している。ただ今回は調子を上げる福満が抜擢される可能性が高そう。
 
 一方、最近は失点が増えている。それでも最終ラインは修正を加えず、CBは木本が4試合連続、右SBは田中が3試合連続で先発するようだ。