バルサが獲得したDFジェリー・ミナ

写真拡大

FCバルセロナがコロンビア人DFジェリー・ミナとの契約を締結した。バルサは22歳のCBを900万ユーロ(約11億5,000万円)で買うオプションを保持しており、実行を決断した。
しかし、ミナは1月まで移籍することはなく、現在のパルメイラスに残留する。

【関連記事:コロンビア逸材 バルサと合意】

FCバルセロナは、スーペルコパ・デ・エスパーニャでレアル・マドリードに5-1で惨敗して露呈したように、ディフェンスの問題を解決することをこれ以上待ちたくなかった。チームはサミュエル・ユムティティ、ジェラール・ピケに期待しているが、ハビエル・マスチェラーノのパフォーマンスは衰退しており、マルロンは現状では見通しが立たない。

バルサには2つの選択肢がある。1つ目はジェリー・ミナを1月に迎えること、2つ目はチームが機能した場合にミナをローン契約で1年間パルメイラスに残留させることである。

ジェリー・ミナは最近負った足の怪我で9月の終わりまで戦線離脱となっている。