「360°全方位から迫る究極の映像体験」で全世界の観客を熱狂させている『ダンケルク』のIMAXフィルムカメラを駆使した撮影に迫るスペシャル・メイキング映像が公開された。

https://youtu.be/orMpDE03EjA

出典: youtu.be

世界の批評家からノーラン最高傑作と絶賛され、アカデミー賞最有力の呼び声も高い『ダンケルク』の大ヒットの要因は、IMAXカメラを駆使した撮影がもたらす、圧倒的な没入感と臨場感で迫る究極の映像体験だ。
「オスカー候補となるべき今年No.1の映画。(Variety)」を筆頭に、作品への高い評価もさることながら、「広大なIMAXのスクリーンで縦横無尽に体感できる。(The Empire)」、「この没入感は驚異的でノックアウトされる。大画面で観ることをお勧めする。(TimeOut)」など、映画館でしか体感できない、今年最高の映像体験への高い評価が続出しているのだ。

陸海空3つのストーリーが同時進行する『ダンケルク』。戦闘機スピットファイアの操縦席からの空の視点。若き兵士たちが撤退する陸の視点。そしてダンケルクへと向かう民間船からの海の視点だ。観客を登場人物たちの視点かさながらにするために、ホイテマは「戦闘機の上や操縦席にカメラを設置した。カメラを置けない場所を撮るための特殊レンズも作った」と撮影を振り返る。

「IMAXフィルムで撮影した理由は、その映像がもたらす没入感がほかとは比べようもないほどすばらしいから。緊迫感あふれる映像でダンケルクの超絶体験を観客に味わってほしいんだ」

と語るノーランの姿には、誰もが満足する作品を創り上げた自信がみなぎっている。

世界が瞠目した『ダンケルク』を携え、ノーランは8月23日に来日。ジャパンプレミアや記者会見、YouTube Space TOKYOでのトークイベントに登場。天才監督と精鋭スタッフたちが創り上げた『ダンケルク』は、9月9日(土)、日本上陸を果たす。

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
IMAX is a registered trademark of IMAX Corporation. IMAX 3D and IMAX DMR are trademarks of IMAX Corporation.