スマホは今や日常に欠かせないものになっている=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国調査会社のマクロミルエムブレインが18日発表した調査結果によると、全国満19〜59歳のスマートフォン(スマホ)ユーザー1000人を対象に行ったアンケートで、64.3%が「スマホがなければ日常生活に支障が出る」と答えた。

 生活に支障が出るとした比率は、20代が73.2%、30代と40代はそれぞれ62.4%、50代は59.2%と、若い世代ほど高かった。

 また、スマホへの依存度が高まり、一日中そばに置いておこうとする傾向もみられた。回答者の61.4%が「トイレにスマホを持っていくことがある」と答え、「就寝時にスマホを手に届きやすいところに置く・持ったまま寝る」との回答も59.1%に達した。やはり若い世代ほどこうした傾向が強かった。

 スマホ使用のメリットとして「時間を節約できる」(回答者の67.7%)ことなどが挙がった一方、ユーザーは「仕事とプライベートの区別がつきにくい」(同26.6%)、「余暇が減っている」(同38.0%)といったデメリットも感じていることが分かった。