アンチエイジングドクターの日比野佐和子さん

写真拡大

 目はレンズの役割をする水晶体の厚みを調節し、自在にピントを合わせる。この水晶体は、毛様体筋と呼ばれる眼球内の筋肉によって厚みが調節されているが、加齢によって水晶体が硬くなり、毛様体筋の筋力が衰えると、近くのものにピントが合わなくなる。これが老眼の原因だ。

 老眼は治らないとよくいわれるが、アンチエイジングドクター・医学博士の日比野佐和子さんは、「努力次第で予防及び、改善も期待出来る」と話す。

「目をよく動かすと目の周りの筋肉がほぐれ、血流がスムーズになります。そうすると、目に酸素が行き渡り、視力回復につながるのです。早い人で、眼トレをはじめて約2週間で“よく見えるようになった!”“老眼鏡がなくてもハッキリ見えることが増えた”ということも多いです。目の周りの血流や代謝がよくなるので、老眼予防や進行の抑制だけでなく、クマやたるみの防止、眼性疲労の解消にも効果的です」

 大切なのは毎日行うこと。1日2分、早速今日から始めよう。

■遠近トレーニング
 毛様体筋は近くを見ると緊張し、遠くを見ると緩む。近く遠くを交互に見ることで、目のピント調節機能が鍛えられる。

【1】人指し指の爪を見る
 一方の手をまっすぐに伸ばし、人差し指を立てる。人差し指の爪を1秒間凝視する。
【2】3〜5m先を見る
 3〜5m先に対象物を決め、それを1秒間凝視する。´△30回繰り返す。1日何回行ってもよく、目の疲労回復にも効果的。

■8点ぐるぐるトレーニング
 8つの方向を凝視することで眼球の周りにある外眼筋と、目のピント調節に関係する内眼筋を刺激。血行がよくなり、顔色も明るくなる。

■グー・パートレーニング
 毛様体筋をほぐす。同時にまばたきをする際に使う、目を囲んでいる眼輪筋も鍛える。血行がよくなり、目の下のクマやたるみも改善。まばたきをすることで涙の分泌が促されるので、ドライアイの人に特におすすめ。

【1】目をぎゅっとつぶる
 思いっきりぎゅっと力を入れて、2秒間目を閉じる。
【2】目をぱっと開く
 勢いよくぱっと目を開き、2秒間そのままに。【1】【2】を3〜5回繰り返す。

※女性セブン2017年8月24・31日号