G―DRAGONさん(YGエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)

写真拡大 (全5枚)

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループ、BIGBANG(ビッグバン)のメンバー、G―DRAGON(ジードラゴン)さんが今年も自身の誕生日に寄付を行ったと、所属事務所のYGエンターテインメントが18日伝えた。

 G―DRAGONさんは誕生日(8月18日)のこの日、内戦と暴力に苦しむ世界の難民を助けるため8180万ウォン(約780万円)を国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)韓国代表部に贈った。

 この寄付金は、世界の200万人の難民に臨時の住居と安全な居住環境を提供するためのUNHCRによる世界的キャンペーンに使用される。

 UNHCRが昨年5月から展開しているこのキャンペーンは、基金造成を通じて難民に生存に必要な最低限の仮住まいを提供し、暴力と迫害による身体的・精神的被害を克服できるようサポートするもの。

 G―DRAGONさんは「僕たちが平和な世界で生きられればと思う」とし、「内戦と暴力によって避難している子供たちを見ると心が痛む。彼らに少しでも休む場所を作ってあげるために、僕の小さな真心を足しにしてほしい」と趣旨を説明した。

 また「平和は考えるだけで叶うのではなく、それを叶えようとする僕たちみんなの努力で作られるという思いを伝えたい」とコメントした。

 G―DRAGONさんは毎年自身の誕生日に寄付を行っており、SNS(交流サイト)を通じてファンに寄付への参加を呼びかけた。

 併せて、ファンへのプレゼントとして今年6月に発表したソロアルバム「クォン・ジヨン」の収録曲「BULLSHIT」のミュージックビデオを18日午後8時18分に発表する。ミュージックビデオは、USB形式で発売されたアルバムに収録されたリンクを通じて独占公開される。