画像提供:マイナビニュース

写真拡大

野菜を使ったスイーツの専門店「Natural Sweets どんぐりの木」(東京都練馬区)はこのほど、10種類の野菜のベジ生クリームを使ったヘルシーなかき氷を発売した。

「ベジ生クリーム」とは、重ね煮料理研究家の戸練ミナ先生とともに開発したもので、日本で生み出された「重ね煮」という調理法で作った生クリームのこと。「重ね煮」は、野菜を決まった順に鍋の中に重ね、水を一滴も加えないで蒸し煮していく料理法で、やんわりとした深い味わいになるという。

重ね煮した野菜を入れることで、スイーツでありながら野菜を一度にたくさん食べられる(5種類〜15種類)。また、野菜の甘みにより砂糖の量を約3分の1カットすることも可能になったという。

今回発売したかき氷はごぼう、にんじん、さといも、しょうが、シナモン、ココア、黒豆、シイタケ、エリンギ、まいたけの10種の野菜の「重ね煮」を使用している。白砂糖は一切使用していないとのこと。

「10種の野菜のかき氷(いちご味)」(700円)は、国産のいちごとてんさい糖でつくったシロップを使用している。「10種の野菜のかき氷(大人レモン味)」(700円)は、自然農法で採れたレモンとてんさい糖で作ったシロップを使っているとのこと。

そのほか、ノンカフェインコーヒーとてんさい糖で作ったシロップをかけた「10種の野菜のかき氷(穀物コーヒー味)」(700円)、5種類の野菜(にんじん、さつまいも、さといも、エノキ、マイタケ)のベジ生クリームで作ったかき氷(各種600円)も販売している。

※価格はすべて税込