福岡堅樹(パナソニック ワイルドナイツ) (C)スエイシナオヨシ

写真拡大

8月18日(金)のリコー×NTTコム、キヤノン×サントリーに続き、19日(土)も『ジャパンラグビートップリーグ2017-2018』開幕戦で秩父宮ラグビー場に関東勢が揃い踏みを果たす。最多優勝5回、トップリーグ初年度から3位以内をキープしてきたが、昨季まさかの9位に低迷した東芝に、3年連続ふたケタ順位に甘んじSH茂野海人、SO田村優ら主力がチームを離れたNEC、日本代表・サンウルブズで主将を務める立川理道率いるクボタと、史上初の4連覇を阻まれたが、再び戴冠を目指すパナソニック。対戦カードは東芝×NEC、クボタ×パナソニック。それぞれのターゲットに向けて、シーズンをスタートさせる。

【チケット情報はこちら】

試合登録メンバーは以下の通り。
【東芝】
1三上正貴、2湯原祐希、3浅原拓真、4松田圭祐、5ジェームス・ムーア、6山本紘史、7藤田貴大、8徳永祥尭、9小川高廣、10中尾隼太、11石井魁、12リチャード・カフイ、13ニコラス・クラスカ、14宇薄岳央、15コンラッド・バンワイク、16森太志、17金寛泰、18田中圭一、19大野均、20リーチ マイケル、21藤井淳、22大島脩平、23コーリー・ジェーン

【NEC】
1瀧澤直、2臼井陽亮、3田中光、4廣澤拓、5権丈太郎、6細田佳也、7大和田立、8ジョージ・リサレ、9木村友憲、10森田洋介、11竹中祥、12ジョーダン・ペイン、13マリティノ・ネマニ、14後藤輝也、15吉廣広征、16秋山哲平、17榎真生、18土井貴弘、19亀井亮依、20ラトゥイラ レプハ、21リー・カドゥ、22亀山宏大、23釜池真道

【クボタ】
1北川賢吾、2杉本博昭、3松波昭哉、4金昊範、5グラント・ハッティング、6ピーター・ラピース・ラブスカフニ、7田村玲一、8四至本侑城、9井上大介、10森脇秀幸、11高橋拓朗、12立川理道、13ライオネル・マプー、14近藤英人、15合谷和弘、16後藤満久、17株木孝行、18古賀太貴、19アイブス ジャスティン、20末永健雄、21岡田一平、22シオネ・テアウパ、23マット・サンダース

【パナソニック】
1マット・マフィ、2堀江翔太、3ヴァル アサエリ愛、4サム・ワイクス、5ヒーナン ダニエル、6ベン・ガンター、7布巻峻介、8ホラニ 龍コリニアシ、9田中史朗、10ベリック・バーンズ、11福岡堅樹、12松田力也、13笹倉康誉、14山田章仁、15森谷圭介、16坂手淳史、17稲垣啓太、18平野翔平、19谷田部洸太郎、20谷昌樹、21内田啓介、22山沢拓也、23ディグビ・イオアネ

『トップリーグ2017-2018』開幕戦・東芝×NEC、クボタ×パナソニックは8月19日(土)・秩父宮ラグビー場にてキックオフ。チケット発売中。