小池里奈、泉ピン子との撮影中に“後悔”したことを明かす

写真拡大

8月21日(月)20時より2時間にわたって放送される、泉ピン子主演の月曜名作劇場『オバチャン保険調査員 赤宮楓のマル秘事件簿』(TBS系列)。この度、保険調査会社の新入社員・吉森小春役を演じる小池里奈より、コメントが到着した。

本作は、ピン子演じる人情味溢れる元“保険のオバチャン”赤宮楓と、段田安則演じる生真面目過ぎてオモシロい丸田誠司がタッグを組み、保険金にまつわる殺人事件を解決していくサスペンス。身近にある小さな事件の裏に潜む巨悪に、二人はビビりながらも正義を貫き通し、鋭い観察眼と持ち前の行動力で痛快に事件を解決していく。笑いあり涙ありの痛快勧善懲悪ミステリーとなっている。今回は、総額2億円の保険金殺人疑惑を巡るストーリーが展開される。

小池が演じているのは、楓が代表をつとめる保険調査会社「真心・リサーチ」の新入社員・吉森小春。楓のもとで奮闘しながら成長する役どころだ。

撮影を振り返り、小池は「大先輩ばかりの現場で初日から緊張でガッチガチだったのですが、撮影の合間にはピン子さん、段田さんと色々なお話をさせていただきました。たくさんの事を学ばせていただき、ちょっとだけ成長できたように思います」と手応えを感じている様子。また “保険”にまつわるハプニングもあったそうだが、「衣装のスーツ姿で写真を撮ったのですが、携帯が壊れてしまいデータが消えてしまいまして……。保険に入っておけばよかった〜!!!! と後悔した小池でした(笑)!」と明るく語っている。

ドラマについては「サスペンスでありながら笑いあり涙ありで幅広い年代の方々に楽しんでいただける作品になっていると思います!」と元気にアピールしている。

<あらすじ>
老舗和菓子メーカーの6代目社長・篠野明憲が射撃場で心臓を撃ち絶命した。警察は自殺とみていたが、明憲の妻・忍は前夫も自殺し多額の保険金を受け取った過去があった。保険金2億円に不正がないか、保険会社は真心リサーチの赤宮楓に調査を依頼する。内偵調査の結果、明憲の兄妹に殺人の動機があることが判明、遺族への疑惑が深まる中、第二の殺人が発生した。ある病院の不正保険金請求疑惑とも絡み合い事件は急展開を迎える。「保険はみんなの大切なお金です。ズルはいけませんよ、ズルは!」