アームストロングが直接カップを狙わず、あわやチップインのスーパーリカバリー

 男子アマチュアゴルフ全米NO1を決めるトーナメント「全米アマチュアゴルフ選手権」。その舞台でグリーン横の傾斜に当ててコースを変え、カップを狙う奇想天外なショットが飛び出し、話題になっている。

 いったい、どれほどの発想力を備えているのか。驚きの“傾斜当てショット”を放ったのは、ドーソン・アームストロング(米国)だ。

 2日間のストロークプレーを行い、上位64名がマッチプレーによるトーナメントに進む同大会。ジン・チェン(中国)と対戦したラウンド16の6番パー3、アマチュア世界ランキング32位の男に見せ場がやってきた。

 ティーショットをグリーン内のバンカーに入れてしまったアームストロング。3方向に傾斜がある難しい場所に設置されたピンの状況を見ると、正面のピンではなく、左側に広がる丘の中腹目がけてショットを放ったのだ。

 打ち出されたボールは、中腹に当たって半円を描くように転がり、ピンと一直線のグリーン奥へ。そこからコロコロとカップに向かって傾斜を伝っていく。よほど手ごたえがあったのか、アームストロングもバンカーから駆け上がり、のぞき込むように行方を見守った。しかし――。ボールはカップ直前でわずかに右にズレてしまい、惜しくもチップインバーディーとはならなかった。

実況も「ナイスショット!!」と興奮気味にレポート

 それでも、難解なバンカーからカップまで約1メートルの位置につけるスーパーリカバリーに、実況も「軽やかにボールを帰還させて、ギミー(OKパット)に持ち込んでみせた。ナイスショット!!」と興奮気味にレポート。ギャラリーからも惜しみない拍手が送られ、USGA(全米ゴルフ協会)も公式ツイッターで「クリエイティブと言うほかない!」と速報した。

 このホールこそジン・チェンに奪われたが、12番・13番、16番・17番を制したアームストロングは1ホールを残して勝利。ベスト4入りを懸けた準々決勝のマーク・ローレンスJr.戦ではどのようなショットが飛び出すのか、目が離せない。