ミラン新FW、公式戦デビュー戦で2得点 現地メディア絶賛「インザーギの亡霊現れた」

写真拡大

ELプレーオフのシュケンディヤ戦 新9番FWシウバが前半のうちに2ゴール

 今季からACミランに加入したポルトガル代表FWアンドレ・シウバは、現地時間17日のUEFAヨーロッパリーグプレーオフ(EL)第1戦のマケドニア1部シュケンディヤ戦で公式戦デビューを果たすと、前半のうちに2ゴール。

 現地メディアでは「インザーギの亡霊が現れた」と驚きを持って迎えられている。

 新シーズンの「9番」を任せられてデビューしたシウバは前半13分、ゴール前のこぼれ球にいち早く反応すると冷静にゴール右に流し込んで先制点を挙げた。ミランが追加点を挙げて迎えた同28分には、同じく新加入で「10番」となったトルコ代表MFハカン・チャルハノールのパスをペナルティーエリア内で受けると、相手3人に囲まれながらもゴール方向に反転して左隅にシュートを決めて2ゴール。鮮烈なデビューとなった。

  チームが6-0と大勝した試合の採点を公開したミラン専門のニュースサイト「milannews.it」は、シウバに「8点」という高評価を与え、クラブの黄金期を支えたストライカーのようなプレーぶりに感銘を示した。

「暑い夏の夜、サンシーロにインザーギの亡霊が現れた。彼は“ゴースト・バスターズ”として背番号9の呪いをデビュー戦で打ち破った」

辛口の伊メディアも納得、本人も喜び綴る

 ミランは、2000年代前半の黄金期にエースストライカーだった元イタリア代表FWフィリッポ・インザーギ氏の後に9番をつけた選手が、ことごとく活躍できなかった。元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト、元イタリア代表FWアレッサンドロ・マトリが期待を裏切り、昨季加入で9番をつけたFWジャンルカ・ラパドゥーラは27試合8ゴールの成績を残したが、今季はジェノアに期限付き移籍している。

 ストライカーの象徴を背負う選手の確保に苦しんできたミランだが、シウバのパフォーマンスは辛口で知られるイタリアメディアをも納得させるものだった。自身も公式ツイッターで「なんて素晴らしい夜だ。勝利とデビュー戦での2ゴールは最高」と喜びを綴っている。

 ミランは移籍市場の仕上げとしてフィオレンティーナのクロアチア代表FWニコラ・カリニッチの獲得が濃厚とされるが、ポルトガルからやってきたストライカーは一気にエースの座へと駆け上がりそうな気配だ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images