琉球大学の伊澤雅子教授は長崎県対馬市で野生のカワウソの撮影に成功したと発表した。「もうビックリです。本当に信じられなかった」

カワウソは1979年に高知県で目撃されたのを最後に、自然界で生きた姿で確認されたのは38年ぶりだ。かつては日本固有種のニホンカワウソが各地に生息していたが、水質汚染や毛皮目当ての乱獲によって姿を消し、12年には絶滅種に指定された。

日本固有種かユーラシア生息種か

ただ、目撃されたのがニホンカワウソなのか、アジアからヨーロッパにかけて生息しているユーラシアカワウソなのかはわかっていない。琉球大学によると、韓国から泳いできたり、海外から持ち込まれた可能性もある。

内野泰輔アナ「現場に残されたフンなどから特定を急ぐということです」