大東電機工業は、ヘルスケアブランド「THRIVE(スライヴ)」から乗馬型フィットネス機器「ロデオボーイ」の新モデル「ロデオボーイ FD-017」を発売。標準価格は6万8000円(税別)です。

↑カラーリングは、ホワイトとブラックを基調に、座面には落ち着いたレッドをセレクト。全体に丸みを帯びた曲線を描くようなフォルムは、部屋の印象を崩すことなくなじみます

 

予測不能な動きで自然とトレーニング!

THRIVEの「ロデオボーイ」は、室内にいながらまるで乗馬のようなエクササイズを体験できる乗馬型フィットネス機器。2005年に初代が発売されて以来、シリーズ累計83万台を売り上げる人気商品で、今回発売された「ロデオボーイ FD-017」は、10年間の開発期間を経て生まれ変わった新モデルになります。

 

本機の最大の特徴は、前後左右上下のストロークをよりダイナミックに進化させたことに加え、ウェーブ運動やひねり運動をいっそう複雑化した独自開発の「ランダム・モーション・テクノロジー」によって生み出される3Dの予測不能な動き。この動きに対してバランスを取ろうとすることで、腹直筋・外腹斜筋などのお腹周りや体幹、太ももや背筋を効果的にトレーニングすることができます。さらに、太ももで本機のシートをしっかりと挟み、身体と一体化させて体幹のバランス運動を行うことで、骨盤の安定を図る重要な筋肉である内転筋が効果的に鍛えられ、基礎代謝アップも期待できます。

↑左右スイングや上下ウェーブ運動など、予測不能な動きを実現

 

↑太ももや腹筋など鍛えにくい部分もしっかり刺激

 

速度は6段階から選べるので、自分の筋力に合わせて使用できます。そのほか、2種類の速度可変自動モードや使い過ぎを防止する10分オートタイマー機能、底面前方部分を踏むと停止する緊急停止機能などを搭載しています。

 

前後左右へのスイングや上下へのウェーブ運動など、より複雑で予測不能な動きを実現した「ロデオボーイ FD-017」。最近お腹まわりが気になってきた人は、ぜひいままでにないロデオエクササイズで運動してみてはいかがでしょうか。

 

【SPEC】
●サイズ/質量:約W420×H705×D650弌震18kg ●耐荷重:100kg以下 ●電源コードの長さ:約2m ●定格電圧:AC100V ●定格周波数:50/60Hz ●定格入力:180W ●定格時間:20分