バルセロナのリオネル・メッシ(左)とレアル・マドリーのマテオ・コバチッチ(右)【写真:Getty Images】

写真拡大

余裕のレアル。3-5-2のバルサ相手に前半で勝負決める

 16日、スーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパー杯)第2戦が行われ、第1戦に引き続きレアル・マドリーがバルセロナに2-0で勝利(2戦合計5-1)。メンバーを替えながら充実の戦いを見せた白い巨人に対し、バルサはネイマール流出の影響もあり早急な修正が必要という現状を露呈することになった。(文:西部謙司)

----------

 カンプ・ノウで3-1と勝利していたレアル・マドリーは、ホームの第2戦も2-0と危なげなくバルセロナを下した。

 第1戦で活躍したイスコを温存、カゼミーロもベンチスタート。ピボーテには第1戦でメッシをマークしてよく抑えていたコバチッチが起用された。第1戦の退場がらみで5試合の出場停止が発表されたロナウドのいない前線には、ルーカス・バスケス、ベンゼマ、アセンシオの3人が並ぶ。リーグ開幕を控えてのターンオーバーである。

 一方、後がないバルセロナはあまり使ったことのない3-5-2、メッシとスアレスの2トップである。バルサといえば4-3-3か3-4-3が定番だが、実はグアルディオラ監督時代にも3-5-2は使っている。ネイマールが抜け、噂されている穴埋めのデンベレ、コウチーニョの移籍も決まっていない現状では3人目のFWがいなかった。

 4分にレアルのアセンシオがあっさり先制し、レアルは2試合合計4-1とした。距離のあるミドルシュートだったが無回転の落ちる軌道の見事なシュートだった。

 10分をすぎてからようやくバルサがパスを回して押し込みはじめる。両ウイングバックのジョルディ・アルバとセルジ・ロベルトが高い位置で幅を作り、メッシはスアレスとMF陣の間でパスを受けて攻撃を仕掛けていく。ところが、メッシ以外に仕掛けられる選手が誰もいない。イニエスタは欠場、アンドレ・ゴメスとラキティッチがインテリオールとしてプレーしたが創造性のあるプレーは皆無だった。

 38分、レアルは波状攻撃の末にマルセロが左サイドを破って低いクロス、ウンティティの背後に隠れていたベンゼマはまるでウンティティへのパスをインターセプトするようにマルセロのクロスを受け、至近距離から決めて2-0とリードを広げた。

 ウンティティの背後に回って視界から消えたベンゼマ、それを見てマルセロは誰もいない場所へ蹴っている。ベンゼマはウンティティには捕まらない。だからベンゼマへ合わせるのではなく、ウンティティがカットしにくい場所を狙えばベンゼマが受けられる。2人の意図が通じ合ったゴールだった。

カゼミーロのバックアップにも目途。2強は対照的な仕上がりに

 これで2試合合計は5-1。試合の趨勢からいってもバルサが逆転できる余地がない。勝負は前半で決まった。45分間のボールポゼッションはレアルの55%、先制後はバルサにボールを持たせる余裕をみせていたのに支配力で上回っていた。シュート数はレアル10本に対してバルサはわずかに1本。ほぼ一方的といっていい。

 カゼミーロに代わってピボーテに起用されたコバチッチは上々の出来。懸案だったカゼミーロのバックアップにメドがついた。パスワークに関してはカゼミーロより上。対戦相手や状況によってはコバチッチという選択は十分ありだ。あまり守備的なイメージのない選手だったが、アジリティがあって球際も強い。コバチッチのピボーテは大きな発見といっていいだろう。

 ルーカス・バスケス、ベンゼマ、アセンシオの3トップは誰も守備をさぼらない。ロナウドやベイルを起用したときにはない守備の強度が期待できる。この3枚セットとコバチッチでバルサを完封できたのだから、もうロナウドもカゼミーロも絶対とはいえないわけだ。つまり選手層とオプションがより多用になり、シーズンを戦う準備は早くも万全といっていい。

 一方、バルサはライバルのレアルに対して完全に出遅れた。ネイマール移籍前のプレシーズンマッチでは、いつになく早い仕上がりをみせていたが、ここに来てチームの再構築を迫られている。獲得が決まったパウリーニョはおそらく何の助けにもならない。必要なのはメッシと協調しながら仕掛けとフィニッシュのできるアタッカーだ。すべてはコウチーニョとデンベレが来てからのスタートになる。

 攻撃の仕掛けをメッシ、ネイマール、イニエスタの個の力に依存してきた弊害が露呈していた。バルサは定期的にメッシ依存症に陥る。ネイマールとスアレスの獲得で一時は依存から脱却したが、昨季はやはりメッシ頼みに戻っていた。

 あれだけ巨大な才能を持っていて依存するなというのが無理なのだ。しかし、度が過ぎれば他の選手に必ずひずみが生じる。それをどう人為的に解消するかがバルサの監督に求められる手腕である。ネイマール移籍で一気にメッシ依存に傾いたチームをバルベルデ監督は早急に修正する必要がある。

(文:西部謙司)

text by 西部謙司