「ミシュランガイド・フードフェスティバル2017 in 横浜」からミシュラン掲載店「オ デリス ド ドディーヌ」のメニュー

写真拡大

ミシュランガイドに掲載されている飲食店が横浜赤レンガ倉庫に集い、オリジナルメニューを提供する「ミシュランガイド・フードフェスティバル2017 in 横浜」が8月17日から開催中だ。東京と横浜・川崎・湘南地区のミシュランガイド掲載店約20店舗が今回のためのオリジナルメニューを持ち寄り、一堂に会する日本初の機会とあって、初日は約1万5千人が来場するほど大盛況だった。店を訪れて食事するよりも、ぐっと身近に、いくつもの店の料理を味わうチャンスだ。

【この記事の他の写真を見る】

同フェスは、日本には世界に誇れる素晴らしい飲食店と、情熱を持った料理人が数多くいることを広く伝えていくと共に、新たな食の体験の場をより多くの人々に提供していく目的で実施されたもの。

初日となる17日は、オープン前から入り口の前に長蛇の列ができ、急遽入場予定時間を15分繰り上げ開場した。カップルや家族連れ、学生のグループなど、老若男女問わず幅広い層の人々が、各店舗の自信作に舌鼓を打った。

気になるメニューは、今回のためのオリジナルとなり、ハヤシライス、カレーライス、中華、イタリアン、ちゃんこ、天むすなどとバラエティに富んでいる。会場への入場は無料だが、飲食にはフードチケットを購入する必要がある。どのメニューも1,000円または2,000円だ。

同フェスは、8月20日まで開催。初日は来場者数1万5千人を突破するなど大盛況のスタートを切った。4日間の動員は、15万人を超えると予想されている。今後も様々な地域、場所での開催が予定されており、日本各地の素晴らしい食を幅広く紹介する「フードフェスティバルの新しい風」として期待が寄せられる。

【ミシュランガイド・フードフェスティバル 概要】 
【日 程】8月17日(木)〜8月20日(日)
【時 間】10:00 〜 21:00(初日は12:00開場、最終日は20:00終了)
※ラストオーダーは各日閉店の30分前 ※雨天決行、荒天中止
【会 場】横浜赤レンガ倉庫 イベント広場B

(TechinsightJapan編集部 高沢みはる)