韓米は21日から合同演習を実施する=(聯合ニュースTV)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部の関係者は18日の国防部定例会見で、韓国で21日に始まる定例の韓米合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)について、「昨年と同水準の規模で実施する」と伝えた。

 昨年のUFGには約2万5000人の米兵と約5万人の韓国兵が参加した。UFGは野外機動訓練を行わず、シミュレーションが主体となる。

 これと関連し、国防部関係者は「現在、事実上のUFG演習が行われている」と伝えた。演習規模の調整については「調整を検討したことはない」と強調した。北朝鮮は韓米の軍事演習に強く反発している。