キース・リチャーズ所有のフェラーリを手に入れるチャンス

写真拡大

キース・リチャーズ所有の1983年製フェラーリ400iが、オークションに出品された。

◆フェラーリ400i画像

オークション会社RM Sotheby'sによると、オーナー歴はキースのみで、オリジナル・コンディションを保ち、かつ3,627キロしか走行しておらず、これは“非常にレアで格別に魅力的な機会”だという。

車は1983年、当時のザ・ローリング・ストーンズのツアー・マネージャーだったAlan Dunnが直接、工場へ取りに行ったそうだ。このとき、バンド・メンバーや関係者が使うように計8台のフェラーリが購入され、キースのみ、5スピードや黒と青のインテリアを注文したという。

Dunnはこれをパリへ運び、キースは『Dirty Work』(1986年リリース)制作中、スタジオへ通うのに使用していたらしい。

車の写真、詳細、落札方法は、Rmsothebys.comまで。16万ポンド(約2,260万円)の落札価格が予想されている。

ザ・ローリング・ストーンズ関連ニュースとして、彼らは来月スタートするヨーロッパ・ツアーに向け、間もなく、ロンドンのスタジオでリハーサルを始めるそうだ。ロニー・ウッドは「俺ら、来週、リハーサルを始める。いつだって楽しいんだ。ファミリー・リユニオン、家族の食事会みたいだよ」と、BBCラジオ2に話した。

ザ・ローリング・ストーンズの<Stones No Filter>ヨーロッパ・ツアーは9月9日にドイツ・ハンブルグで始まり、10月25日まで14公演が開かれる。

Ako Suzuki