7月2日に投開票が行われた東京都議選は、小池百合子都知事が率いる「都民ファーストの会」の圧勝に終わった。
 小池都知事への熱烈な支持が表れた結果と見る向きもあるが、一方には自民党に対する反対票として「都民ファーストの会」が受け皿になっただけだという分析もある。
 都議会自民党の議席は、57から23へと激減。幹部らも落選を喫したが、そのひとりである高木啓・都議会自民党前幹事長(東京都北区)に、現在の思いを聞いた。

(取材・構成:石井妙子)

当選すればそれで良いのか

――都議選の結果、自民党は多数の落選者を出し大敗しました。この結果をどう受け止めていますか。

高木 正直、ここまで自民党が負けるとは思いませんでした。ただ、当選すればそれで良いのか、という思いはあります。

 選挙も政治も、うまく立ち回るということではなくて、正しく行うことが大事だと思う。風に乗って当選だけすればいいとは思えない。今回、告示の直前に出馬を表明し、その選挙区でトップ当選をされた人がいましたが、有権者はなぜ、その候補者に入れたのか、その候補者の名前をいつまで憶えているのか疑問です。こうした状況だと、政治家が住民に対して真剣に向き合わなくなることを危惧します。最後は風に乗ればいいんだ、ということでは、政治家に愚直に努力させる状況にならない。これは政治の劣化を招くと思う。


2005年から連続3期都議を務めた高木氏 ©文藝春秋

――石原都政の延長線上で都政を運営していきたいというのが都議会自民党の考えであり、小池知事はそれを否定する立場を取ったことで都民の支持を得たという図に見えますが。

高木 今の都政の基礎をつくったのは石原慎太郎元都知事です。財政再建は石原都政の最大の功績でしょう。プラス面のほうがはるかに大きいと思いますが、新銀行東京などは、確かに経営面での問題点もあった。でも、メガバンクが中小企業に貸し渋りをしている現状を改善したいという信念が、石原都知事にはありました。

 石原さんは、この話は傾聴に値すると思ったなら、とにかく徹底して聞く人です。相手がたとえ年下であろうと、キャリアがなかろうと。そういう意味ではとても謙虚な方です。でも、世間には逆のイメージで伝わっている。ぶっきらぼうで、傲慢であるように。実際はそうじゃないですよ。

 私も都議になって1年目の昼食会で、公会計制度が話題になった時、「売れない資産が積みあがっていく、この資産に対する会計処理はどうするのですか」と質問したことがある。そうしたら、「そうなんだよ。実はこの公会計制度の肝はそこにあるんだよ。知恵を出し合っていけば、もっといい会計制度になる」と身を乗り出して話してくれた。あの時は、僕も生意気にずいぶん意見を言ったんだけれど、本当によく聞いてくれました。


都議会に立つ小池都知事 ©文藝春秋

 逆に私は約1年間、小池都知事を見てきましたが、正直なところ何をおやりになりたいのか、まったくわかりませんでした。

 小池さんは広告代理店のような方でキャッチーな言葉遣いが得意でメディアもそれに乗った。都知事選で自民党は政策の面では誰にも負けないものを用意していたと今でも自負していますが、政策の議論にならなかった。

――小池都知事誕生後の自民党都連の対応には、振り返ってみて問題があったと思いますか。都知事が初登庁した際、川井重勇都議会議長が記念撮影を拒み、批判にさらされました。

 また、都議会での自民党議員の態度も問題視されました。高木さんも幹事長として、代表質問に立ちましたが、延々と続く自民党議員からの質問を、小池都知事が必死にメモを取り、それをもとに答えようとすると、自民党議員がヤジを浴びせた。いずれも、印象は良くなかったと思いますが。

高木 川井議長は、確かに写真撮影は断ったけれど、都知事と握手はしていました。ところが握手のシーンは、テレビ局が故意にカットして報道した。我々はBPOに提訴すべきではないかと考えたほどです。メディアの印象操作です。

 都議会の代表質問については、一問一答形式ではなく、質問をまとめて行い、都知事及び理事者がまとめて答えるというのが、通常のスタイルだということを、まずご理解ください。

 そのために、事前に質問項目は書面で都知事にお伝えし、基本的な答弁を調整することが慣例となっていました。ところが、それを小池都知事が断ってきた。

「事前のすり合わせはしない」、「裏取引はしない」とおっしゃって。それは裏取引でもなんでもなく、質疑の内容をより実のあるものにするための智慧ですから、私たちは通常どおりにやりたかったのですが、知事側の希望によりああいった形にならざるを得ず、その結果、私たちが非難された。

 都民の方々には、「私たちが選んだ知事がぞんざいに扱われている」と見えてしまったのかもしれない。でも、私たちはぞんざいに扱ったつもりはないです。政治だから対立軸はあるし、都知事も、都議もそれぞれが都民の負託によって議場に立っているので、緊張関係にあるのは当然のことです。

ヤジに関しては、たしかに飛びました。「笑ってんじゃないよ」と小池知事に対してヤジを飛ばしたのは高木啓だと『週刊文春』に書かれましたが、私ではありません。私は誰が言ったか、知っています。でも、その名前は言いません。

 このせいで、私の事務所にどれだけ抗議電話がかかってきたか。損害賠償を求めたいくらいです(笑)。

 マスコミにおいては都議会自民党=悪。私は、その幹事長ということで悪の権化のようにされたことは残念です。


小池都知事と川井議長(当時) ©文藝春秋

グリーンボンドとは借金のこと

――小池都知事が誕生した最大の理由は、豊洲移転問題やオリンピックの会場建設費用の見直しに取り組んでくれると都民が期待したからだと思います。「都政はブラックボックス」という言葉に都民が反応した。

高木 私たちは議事録もすべて公開し、説明を尽くしています。入札の経緯からすべて公開されています。

 逆に小池都知事は、本当に経費の圧縮をしたのでしょうか。オリンピックの3施設の見直しも結局、元のさやに納まった。「その過程で400億円ほど経費の削減ができた」と都知事は語っていますが、それは端的に言って嘘です。去る6月5日の文教委員会の議事録を見ていただければ詳細がわかります。削った経費の大半は予備費と落札差金。あの時、設計から落としたエスカレーターや太陽光パネルなどは、その後どんどん戻している。削るべき設備ではないとわかったからです。しかし、形の上では経費を削減したことにしたいから、「グリーンボンドでまかなう」と言い出した。グリーンボンドって、都債です。借金です。これでは400億円削減したとは言えないでしょう。なぜ、マスコミはそういったことを正確に報道しないのですか。

財務局経理部長は「疑惑や不正はなかった」

――小池都知事は、これまでの都政を「ブラックボックス」と言い、「黒い頭のネズミ」がいると暗に自民党都議を指して批判しました。どう思いましたか。

高木 なぜ、そんな言われかたをするのかわかりませんでした。豊洲の移転問題やオリンピックの施設工事に我々が介入し利権を得ていると印象づける発言でした。

 内田茂都議(当時)が、ある電気工事会社の監査役になっていることを問題視する報道が週刊誌でなされました。まるで、その業者がオリンピック関連事業を受注できたのは内田都議が口利きしたからであるかのような内容でした。

 でも、今の都政で、そんなことありえませんよ。入札に関与なんてできません。あの電気工事会社は業界のトップ企業。大きな事業を受注できる会社は限られています。

 政治=利権だというストーリーを、マスコミが作り上げて煽っているように見えます。

 豊洲市場やオリンピック施設の建設に関して、小池都知事は「ブラックボックス」だといい、巨額、かつ不透明な工事費だとおっしゃった。では、そこには、どういう利権の構造があったのか、どこがどう不透明だったのか。都政の信頼を失わせ、我々をあれだけ攻撃したのだから、証明責任は知事の側にあります。

 私たちはすでに、去る4月25日の財政委員会でこの問題を取り上げ、オリンピック施設及び豊洲市場の5件の工事案件について、財務局経理部長から「疑惑や不正はなかった」との正式な答弁をいただいています。このことをメディアはなぜ報じないのか、今までの都政を、小池知事の言うままに「ブラックボックス」と喧伝したメディアにも、その責任がありはしませんか。


「都議会のドン」と呼ばれた内田氏 ©文藝春秋

――「都議会のドン」という言い方で内田茂前自民党都連幹事長の存在がクローズアップされましたが、実像が見えてきませんでした。

高木 内田さんは、地方政治に大変に長けた方です。私はあれだけの経験、見識、情熱を持っている人を見たことがない。議会の運営や都市計画にあれだけの細かい知識を持っている人はいないでしょう。それに優しい方です。少なくとも声を荒げるような場面を私は見たことがない。

「都市計画を学ぶならアメリカのMITだよ、高木君」と教えてくれたのも内田さんだった。若い頃よく勉強に行かれたそうです。ものすごく勉強家だし、記憶力は抜群です。

 週刊誌には、ずいぶん虚像を書き立てられ、気の毒でした。実像を見えなくしたのは、マスコミのほうではないですか?

――こちらから申し込んでも、取材を受けていただけません。

高木 そんなことはないですよ。ただ、あれだけ勝手なことを書かれたら、会ったことのない人には、なかなか本音は言えない。でも、相手との距離感で親しくなれば、率直にお話しになるはずです。巨悪のように報道されて本当に気の毒でした。

オリンピックの当初計画は絶望的

――小池都知事になってからの1年間をどう見ていますか。

高木 都政がすっかり停滞してしまった。喫緊の課題はなんといってもオリンピックで、これは待ったなしです。ところが、時間軸を小池都知事がすべてひっくり返した。

 本当にオリンピックがやれるのか。競技だけならやれるでしょうが、インフラやレガシー事業、文化プログラムはどうなるのか。

 その象徴が築地、豊洲問題です。築地を豊洲に移転させて、跡地に環状2号線を通し、オリンピック期間中の駐車場に充てるという当初計画は、現時点で絶望的です。

 時間軸を根底から覆すのなら、本来代案を示さなくては無責任です。それもなく、ただひっくり返した。

 豊洲の問題に関していえば、平成26年に舛添要一都知事(当時)が安全宣言をしている。小池知事は、無害化を求めたそれ以前の議会の付帯決議を頻繁に持ち出しますが、それは平成22年のこと。小池知事が継承すべきは前知事の安全宣言であって、それ以前の議会の付帯決議ではない。

 だいたい豊洲市場用地の地下水モニタリングは、法的要件ではありません。当時都議会でも民主党が第一党だったから、2年間の地下水モニタリングを無理やりねじ込み、都知事はその結果を見て、移転延期を決めた。今後、果たして安全宣言をできるんでしょうか。


 今後も政治活動は続けると語る高木氏 ©文藝春秋

――「都民ファーストの会」の都議を、どう見ていますか。

高木 自民党の場合、区議や市議など一定の政治経験者から都議候補を擁立してきたと思いますが、それとはまったく違う方法で選ばれ、政治とはかかわったことがない方々が多いと聞いています。果たして、それで、どこまで働けるんだろう、と疑問に思うところもありますが、逆に素人としての感覚を大切にして、今までとは違う都政をつくる努力をされるべきでしょう。選挙の時、「古い議会を新しい議会へ」、とこれまでの都政を否定したのですから、是非、それを広く都民に示して欲しい。

――「都民ファーストの会」の問題点も指摘されています。「情報公開」を掲げる公約とは裏腹に都議への取材制限がかけられており、メディアからの基本的な質問にも回答してくれません。都知事が自ら深く関与する政党の都議とともに都政を行う。独善的なものになる可能性を含んでいます。

高木 おそらく、素人と見られるのを怖れて取材を受けさせないのでしょう。でも、素人であることは皆、わかっているのだから、もっと明るく爽やかにやったほうがいいのではないかと思う。

 それに都民の負託によって選ばれた都議なのですから、本来、自分自身の意見を持っていなかったらおかしい。「知事の考えと一緒です」と公言してはばからないのでは、都議会はいらない。地方自治は二元代表制、という原則が成り立ちません。議会と議員の意識は、常に都民のための与党であって、都知事のための与党であってはいけない。都議が忠誠を尽くすべき相手は都民なのです。それが理解されていないとすれば、都議会の危機だと思います。

 私たちは、これからも真剣に都政のあるべき姿を考え、「都民の与党として」愚直に政策を訴えていく政治集団でありたいと思います。

(石井 妙子)