今夏ミラン加入のボヌッチ「サン・シーロでプレーすることはとても興奮する」

写真拡大

 今夏ユヴェントスからミランへ電撃移籍し、ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフでキャプテンマークをつけたイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが『Canale 5』のインタビューに応じた。

 17日にELプレーオフ・ファーストレグが行われ、ホームでマケドニアのシュケンディヤと対戦したミランは6−0と大勝を飾った。

 フル出場を果たしたボヌッチは「サン・シーロでプレーすることはとても興奮する。重要な勝利を手にすることができて、チームに感謝している。まだ改善すべきところはあるが、全てがポジティブなものだった」と語ると「チームには『容易な試合など存在しない』ということを伝えたかったが、チームメイトは既にそれを明確に理解していたようだ。しかし、ユヴェントスのレベルに達するにはまだやるべきことがある」と続け、チームの成長に手応えを感じていることを明かしたものの、古巣ユヴェントスとの差はまだあるとの見解を示している。