「はとバス」秋のツアーを発表 鎌倉の散策にマグロ三昧など新コースも

写真拡大 (全3枚)

 はとバスは、2017年度秋期(2017年9月〜12月)の東京観光バスツアーおよび、郊外日帰り、宿泊付バスツアーを発表した。

 東京・横浜定期観光では、継続コースを含め、全124コースを用意したが、とりわけおススメとなりそうなのが、年間を通して人気が高い観光地である鎌倉で秋の散策を楽しめる新コース。そこでは、鎌倉の町づくりの中心となった「鶴岡八幡宮」、土産、雑貨、食べ歩きなどぶらり散歩ができる「小町通り」、鎌倉期唯一の庭園として国の名勝に指定されている「瑞泉寺」など、秋の彩りを見せる鎌倉をゆったりとめぐることができる。

 郊外日帰りツアーでは、はとバス限定の新グルメを楽しむコースなど全135コースを用意。今年は新たにはとバス限定メニューとして、マグロ三昧の昼食を楽しめるコースが目玉となりそう。マグロ三昧には1本から少量しかとれない希少部位であり、一般向けにはほとんど出回らない「マグロの中落ち」を貝で削り取って食べるメニューを取り入れた。そのほか、「レインボーキャビア」や、「三大和牛食べ比べのすき焼き」を堪能できるコースもある。

 さらに、宿泊付ツアーでは秋の絶景を楽しむ新コースなど全70コースを発表。紅葉観賞だけでなく、温泉、雲海、星空、グルメ、フルーツ狩り、拝観券付寺社参拝など盛りだくさんの内容の紅葉コースを用意している。

◆新コース例◆

【古都鎌倉 紅葉絵巻】

旅行代金:大人1人8,980円、こども7,980円
設定日:11/11・19・25・26 12/2・3・9・10
行程:東京駅丸の内南口(8:20発)=鶴岡八幡宮・小町通り(自由散策・70分)・・・鎌倉「あら珠」(季節の食材を使った和食の昼食。石臼挽きの十割ミニそば付・60分)=瑞泉寺・鎌倉宮(参拝・80分)=三溪園(入園・40分)=東京駅(18:00着予定)

【マグロ天国!削って食べる 鮪中落ち削り食い・希少部位尽くしと海風そよぐ東京湾横断クルーズ】

旅行代金:大人1人 8,980円〜9,680円 (こども 300円引き)
設定日:10月12日〜12月31日の設定日
行程:池袋駅東口(【10月】8:00発)、または新宿駅西口 (【11月以降】9:00発)=横浜横須賀道路=すかなごっそ(海産物等のショッピング)=漁師料理よこすか(マグロ中落ち削り食いの昼食)=東京湾フェリー(乗船:久里浜〜金谷)=濃溝の滝(自由散策、房総屈指のフォトスポット)=東京ドイツ村(【10月発】もこもこコキアの鑑賞、または【11月以降発】イルミネーション観賞)=各地着