金曜8時のドラマ「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SECOND SEASON」主演の小泉孝太郎/撮影=磯崎威志

写真拡大

――小泉孝太郎演じる究極のKY刑事と、松下由樹演じるベテラン刑事の迷コンビが難事件に挑む「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SECOND SEASON」(テレビ東京系ほか)。ゼロ係と揶揄される窓際部署に所属する主人公の冬彦を1年半ぶりに演じる小泉は、この風変わりな刑事ドラマの撮影をとにかく楽しんでいる。

【写真を見る】アイドル・奈々役でゲスト出演した元AKB48・増田有華

小泉:前シーズンですごく愛着を持てるキャラクターに出会えたと思っていたので、また演じられてとてもうれしいですし、撮影は楽しくて楽しくて仕方ないです(笑)

――冬彦は東大法学部卒のキャリアだが、突拍子もないヘンな刑事だ。

小泉:優秀な頭脳を持ってはいますが、少年のような部分の多い刑事です。だから、刑事ドラマになじまないように意識してます。子供っぽくもあるので、街でも子供のしぐさを注視して、冬彦の動きの参考にしたり(笑)。でも、それだけ独特のキャラなので撮影前は不安もありましたが、松下さんに会ったら、もうしっくり! 司令塔のような松下さんにバランスを取ってもらいながら、自由に演じてます

――松下をはじめとするゼロ係俳優陣とのアドリブや、新たに登場する小林稔侍、若村麻由美、駿河太郎らとのやりとりも見どころだ。 

小泉:アドリブは必ずどこかで誰かが言ってるんですが、それぞれ自然に返していて、やり過ぎることもなく、さじ加減が絶妙なんですよ。そして、今シーズンから小林稔侍さんら“サスペンスチーム”も加わります。大杉漣さんたちと勝手に名付けたのですが(笑)、相反するサスペンスチームとゼロ係の対峙が面白いですよ。あと第1話で発見された白骨死体が、意外な展開を見せていきます。僕自身、面白く感じたので、最終話まで楽しんでいただけると思いますよ

――第一線で活躍する山崎に、子供のころの憧れのスターやヒーローについて聞いてみた。

小泉:いろんな野球選手に憧れましたが、小学生のころは甲子園に出場したかったので、やはり5打席連続敬遠の松井秀喜さん! 野球選手としてだけでなく、人格者としても超越した存在で、チームプレーに徹する姿に人としても憧れますね。今、一番会いたい人です!

profile●こいずみ・こうたろう='78年7月10日生まれ、神奈川県出身。AB型。「よじごじDays」(テレビ東京系)に、金曜日MCとして出演中。出演する「連続ドラマW アキラとあきら」(毎週日夜10・00 WOWOWプライム)が放送中