“岡山の奇跡”と呼ばれ、大旋風を巻き起こした桜井日奈子の写真集(東京ニュース通信社刊)が10月13日(金)に発売されることが決まった。

桜井日奈子が、ついに20歳に。 初めて訪れた南国・グアムの青い海、キュートなアイス屋さん、カラフルなスケボー広場、地元のポップなスーパー、キラキラした夜の遊園地、絶景の草原など、アメリカンな世界から大自然まで大満喫。 さらに、アメリカンハウスで実は憧れだったバーベキューも堪能。大はしゃぎする姿から、ちょっと大人な表情、家の中でゆったりとした素朴な顔まで、たくさんの桜井日奈子が詰まっている。10月15日(日)には、発売を記念した握手会イベントの開催も決定した。詳しくは、B.L.T.webへ。

<桜井日奈子コメント>
今回の写真集のロケ場所となったグアムには、初めて行きました。グアムの人は笑顔で大らかで温かかったです。撮影は“いつ撮られたの?”と思うくらいで、普通に旅行へ行ったような感覚でした。ただただ楽しんでる姿が残っていると思います(笑)。プライベートビーチでも撮影したのですが、人がまったくいないのと綺麗な海に感動して、ひとりでハシャいでいました。また、別に訪れたビーチではフリスビーをしたのですが、フリスビーを追いかけてる後ろ姿の写真を見たとき、自分の姿なのに“元気いっぱいだなぁ”って思わず吹き出しました(笑)。それから、ポップなカフェにも行って、店内の壁にメッセージを残してきました。広大な草原にも行ったのですが、とても美しい景色の中で、風に吹かれての撮影は気持ちよかったです。コーディネーターさんのご自宅でバーベキューしたり、ジェンガやトランプで盛り上がっている様子も、いつもだったらNGになりそうな表情もたくさんあります(笑)。いろいろな表情をデート感覚で楽しんでいただけたら、うれしいです。