犬はラブラドールレトリーバー、ダックスフントといった”品種”によって分ける「犬種」による分類や、狩猟犬や牧羊犬などその”用途”によって分ける場合、「小型・中型・大型」といった”大きさ”によって分類する場合などがあります。

今回はその中でも「大きさ」で分類した場合のそれぞれで注意したい飼い方をご紹介します。

大きさの定義はない?

大きさによって分類をするとお伝えしましたが、実際には犬種のように明確に大きさの定義が規定されているわけではありません。そのため施設や機関によって少しずつその大きさの認識が異なるため、「ペットホテルでは小型犬に分類されたけど、トリミングでは中型犬に分類された」といったことが起こります。

上記のように施設や機関によって誤差があるという点が前提ではありますが、一般的に大きさで犬を分類する場合は「成犬体重(成犬になってからの体重)」によって判断され、大まかには以下のように分類されることが多いようです。

小型犬:10kg未満中型犬:10kg以上20kg未満大型犬:20kg以上

小型犬の中でも更に5kg未満の場合は「超小型犬」、大型犬の中でも30kg以上は「超大型犬」と呼ばれる分類もあります。

小型犬

小型犬と呼ばれる犬はとにかくその小ささが人気です。愛玩犬として改良されてきた犬種が多いため「室内飼い」が基本になります。身体が小さいことで、散歩の際の引っ張りや暴れた際の制御などが比較的容易なため、子どもがいる家庭やお年寄りでも飼いやすいといわれています。

犬種例

チワワ、ミニチュアダックスフンド、トイプードル、パグ

散歩の頻度

小型犬の場合は家で動き回っているため散歩は必要ない、という飼い主さんもいますが、散歩は運動といった視点以外に「犬の心身の健康」のために大きさ問わず必要です。犬の体力を見ながらにはなりますが、少なくとも1日1回は外に連れ出しましょう。

気を付けたい病気

身体が小さく骨も細いため、骨折には注意が必要です。遺伝的に小型犬に発症しやすい水頭症やてんかん等の病気にも気を付けましょう。

中型犬

中型犬は特にその種類や個体ごとの性格や性質が豊富で、多くの魅力を秘めています。飼育方法によっては室内での飼育も十分可能です。

犬種例

コーギー、スタンダードダックスフンド、アメリカンコッカースパニエル、ビーグル、ボーダーコリー

散歩の頻度

狩猟犬や牧畜犬などの役割を担っていた犬種が多いため、小型犬に比較すると十分な散歩量が必要です。30分以上の散歩を1日2回以上、歩くだけではなく走りや知能を使った遊びも取り入れましょう。

気を付けたい病気

犬種が多種多様のため、気を付けたい病気もそれぞれ異なります。中型犬の中でも身体が小さな犬種は小型犬がかかりやすい病気、大きめの犬種は大型犬がかかりやすい病気にも注意が必要です。飼う前に犬種別に気を付けたい病気をしっかりと確認、対策を行うようにしましょう。

大型犬

迫力のある存在感に豊富な体力や知性を兼ね備えた大型犬。人間の”パートナー”として、昔から人気があります。大型犬を飼育するには、それなりに広い飼育環境や運動時間を確保する必要があります。

犬種例

ラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリーバー、秋田犬、シェパード、ダルメシアン、グレートデン、シベリアンハスキー

散歩の頻度

身体の大きな大型犬はとにかく豊富な運動量が必要です。小一時間の散歩を1日2回以上、歩きだけでなく走りや知能を使った遊びなど、のびのびとしっかり運動をさせましょう。

気を付けたい病気

股関節形成不全や拡張型心筋症、胃捻転などの大型犬特有の疾患や遺伝性疾患に注意が必要です。

まとめ

小型犬、中型犬、大型犬、それぞれに魅力があります。大きさによってかかりやすい病気や飼育環境も変わってくるため、犬を飼う際は自分が「飼育したい犬」が自分が「飼育できる犬」なのかをよく確認しましょう。

犬の分類は一つの指標です。今回は大きさによる分類をご紹介しましたが、個体ごとに性格や表情は異なり、どんな犬でもその犬の個性やかわいらしさがあります。犬種や大きさにはとらわれ過ぎずに素敵なパートナを探してみてくださいね。