画像

写真拡大 (全2枚)

 フルスピードが動的IPアドレス属性特定技術の開発に成功した。これにより、同社の「ADMATRIX DSP」の企業ターゲティング広告にて動的IPアドレスに対しても配信することが可能になった。

 アドテクノロジーの開発およびインターネットマーケティング事業を行うフルスピードは、動的IPアドレスに関する属性特定技術を開発し、この技術に関連する特許出願を実施した。

 同技術は、フルスピードが提供しているディスプレイ広告プラットフォームである「ADMATRIX DSP(アドマトリックスディーエスピー)」のRTBで磨いたビックデータ分析技術に、独自の解析アルゴリズムを加えて実現した。

 従来の少数データからのモデリングによってユーザー推定する推定技術とは異なり、少数データからIP属性を静的に特定できる点が特徴となっている。

 今回開発した技術を企業属性との紐づけに応用した「DOI(Dynamic Office IP Identification)」を、「ADMATRIX DSP」のオフィスターゲティングに適用することで、従来では特定不可能であった動的IPアドレスを使用する企業群に対しても、ターゲティング広告の配信が可能になった。

 特許出願前に実施したテスト配信では、DOIの効果により、従来ではターゲティングできなかった中堅・中小企業など約数万社の企業に対しても、新規にターゲティングをすることができた。

 フルスピードは同技術を活用したDOIへの投資を継続し、将来的に「ADMATRIX DSP」で国内100万社に対する企業指定ターゲティングの実現を目指す。

MarkeZine編集部[著]