KAT-TUN中丸、ココリコと天才キッズを応援!テレ朝新番組で初タッグ

写真拡大

ココリコ(遠藤章造・田中直樹)とKAT-TUNの中丸雄一が、10月よりスタートする新番組『天才キッズ全員集合〜君ならデキる!!〜』(テレビ朝日系列、毎週月曜19:00〜)でMCとして初タッグを組むことがわかった。

同番組では、現在放送中の『なら≒デキ』(毎週水曜24:15〜 ※一部地域を除く)で大好評を博し、今年6月にゴールデン帯で放送されたスペシャル番組でも注目を集めた“天才キッズVSその道の名だたるプロ”の真剣勝負を本格的にフィーチャー。誰もが一度は学んだ教科や、家事全般といった生活の知恵、さらにはマジックやゲームなど、“身近な分野”で活躍する“早熟の天才たち”にスポットライトを当て、ハンデの一切ない“子どもと大人のガチ対決”を展開する。

スタジオでは、出演者たちが勝敗を予想しながら、時には子どもが勝つといった“まさかの展開”も起こるドラマティックな名勝負の一部始終を見守る。『なら≒デキ』でMCを務めていたココリコに中丸が加わり、未知なる化学反応を生み出しながら新番組を大いに盛り上げる。

また、輝かしい未来を担う天才キッズを求め、中丸は全国を股にかけたロケも敢行。並外れた才能を発揮している天才キッズの日頃の生活や、自分の専門分野・競技との向き合い方などを徹底リポートする。

さらに、天才キッズが“未だ挑戦したことがないスゴ技”に挑戦する「天才キッズの奇跡チャレンジ(仮)」「発掘!世界の天才キッズたち(仮)」「天才キッズのギネス世界記録挑戦」「神童の作り方の徹底分析」など、天才キッズに特化した新企画が多数予定されている。

遠藤は「天才キッズと大人のプロの対決は、最後の最後までどっちが勝つか分からない、すごい勝負ばかり。親の立場でもある僕としては、どうやったらああいう子が育つのかという、突っ込んだ部分まで視野を広げた番組づくりができれば」とコメント。中丸については「非常に物知りな方という印象。どこまでも中丸くんについて行くつもりですので(笑)、グイグイ引っ張っていただきたいです」と期待を寄せる。

田中も「天才キッズと大人のプロの対決は本当に見応えがあり、もっと違う対戦が見たいと思っていたので、楽しみで仕方ありません。野良猫の後ばかりつけていた僕自身の子どもの頃と比べて、想像がつかないくらい天才キッズは頼もしい! そんなキッズが将来、世界で活躍するようになった時、“出演したことを、胸を張って語れるような番組”にしたいです」と、また「中丸くんとご一緒するのも本当に楽しみ。素直でまっすぐな印象のある中丸くんが、各対決にどんな感想を持つのかすごく興味があります」と語る。

そして中丸は「なぜ日本ではこんなにも天才キッズが生まれるのか、親はどういった教育をしているのか。そのヒントがある番組だと思うので、子どもも大人もぜひ見ていただきたいです。子どもが元気だと周りも明るくなる。そういう意味では、この番組は日本を元気にする! この番組を見て、自分もやりたいという子がどんどん増えてくると思いますし、もの凄い天才キッズにどんどん出演してほしいです」とメッセージを。自身は親から「挨拶だけはちゃんとしろ。目上の人を敬え」としつけられたそうで、「知っている人には片っ端から挨拶していましたし、重い荷物を持っているおばあちゃんを見かけたら手を貸していました。すべて親の教育の賜物ではありますけど、おそらく近所の人気者だったと思います(笑)」と幼少期を振り返っている。