セレッソ大阪の選手たちの足取りが重い。

 J1第21節(8月9日)、清水エスパルス戦で早々に2点のリードを奪いながら、後半に3失点。まさかの逆転負けを喫してしまったのだ。

 第19節(7月29日)、ガンバ大阪戦で逆転負け(1-3)。続く第20節(8月5日)のコンサドーレ札幌戦では3-1と勝利したものの、どこか気が緩んだ試合内容に、ユン・ジョンファン監督は選手たちに苦言を呈していた。

 そうして迎えた、この清水戦である。

「前後半で別のチームになってしまった」

 手痛い敗戦を受けて、ユン・ジョンファン監督は力なくそう述べた。

 第22節を終了した時点で、順位は2位(勝ち点44)を保っているが、今のセレッソには5月中旬から7月半ばまで9試合負けなし(8勝1分け)だった頃の勢いはなく、やや不安定な戦いが続いている。

 いったい、セレッソに何が起きているのだろうか。

「自滅みたいな感じで、もったいなかった」

 清水戦後、ここまでリーグ戦全試合フル出場を果たしているMF山口蛍は、悔しさを露(あら)わにしてそう言った。


清水戦で逆転負けを喫し、肩を落とす山口蛍

 ガンバ戦からここまで、リーグ戦は1勝2敗。「大阪ダービー」のショッキングな逆転負けが尾を引いているのだろうか。山口はこう語った。

「いや、それはないと思う。ただ最近は、ガンバ戦もそうだけど、後半になるとミスが増えてくるし、攻守ともにあやふやになるんです。守備では(相手の攻撃を)切るところは切る、攻撃ではサイドからクロスを上げてシンプルに攻めるとか、もっとハッキリしたプレーをしないといけない。特に攻撃では、点が取れているけど、勝ち続けていたときのような、流動的に動いて点を取るという形が少ないし、そもそも(選手の)動き自体が少なくなっているんで……」

 ガンバ戦も、清水戦も、前半から動き回って後半に運動量が落ちたというより、もっと動けるはずなのに、相手よりも走っていなかった印象がある。

 ユン・ジョンファン監督の求めるサッカーの原点は、運動量にある。相手よりも動きの質、量で上回っていくことが、勝つための前提条件としてあるのだが、そこが今は失われている。山口が言う。

「自分たちがバルサみたいな圧倒的なチームだったら、そんなに走らなくても勝てるかもしれないですけど、そうじゃない。自分たちは、相手よりも走ることで勝ってきたチームなんです。それができていないので、勝てないのは当然だと思う」

 走らなくなるということは、例えば選手間の距離が遠くなり、サポートもなくなってしまうことになる。サポートがなくなれば、攻撃では当然、流動的に動いて崩していくことはできなくなる。

 守備でも同様だ。サポートがなければ、空いたスペースを埋められないし、相手のボールを連係して奪うことができなくなる。その結果、スカスカの守備となり、挙句の果てにはベタ引きして対応するだけとなって、相手にいいようにやられてしまう。

 清水戦の後半はまさにそんな感じで、まるで練習のようにサイドから攻撃をされ続け、ゲームを支配された。

“サポートする意欲が見えない”“諦めない姿勢が足りない”

 試合後のミーティングは30分以上にも及んで、ユン・ジョンファン監督の怒りは凄まじいものだったという。

「監督が怒っていたけど、それは当然だと思う。うちのチームは、まだ芯というか、拠りどころみたいなものがないんです。それがある強いチームは、失点したり、あるいはミスしたりして中盤がバタついても、最終ラインがしっかりしている。また逆に、最終ラインでミスがあっても、中盤で落ち着かせることができる。

 うちは、前線、中盤、最終ラインと3つのラインがあるうち、どこかがバタついてしまうと、それがみんなに伝わって、チーム全体がバタバタしてしまう。そういうとき、元(の落ち着いた状態)に戻れる拠りどころみたいなものがあればいいんですけど、それがないので、そこは作り上げていかないといけない」

 山口の言う「拠りどころ」というのは、「確固たるスタイル」と言い換えてもいいかもしれない。しかし、ユン・ジョンファン体制となって、まだ8カ月である。スタイルの確立は一朝一夕にはいかない。勝ち続けていくことで自信になり、そのときの戦い方が、自分たちのスタイルのベースになる。

 そういう意味では、セレッソは今一度、連勝していた頃のサッカーを思い出す必要があるだろう。

 清水戦を終えたあと、すでに第22節の浦和レッズ戦(7月22日)を消化しているセレッソは、他チームが第22節をこなした8月13日には試合がなく、第23節(8月19日)のジュビロ磐田戦まで時間的な余裕があった。そこで、連戦の疲れも癒え、頭も体もリフレッシュして戦えるはずだ。次の磐田戦は連勝していた頃のサッカーに立ち帰る、絶好の機会となる。

 無論、優勝争いに生き残るためにも重要な一戦となる。調子のいい磐田を倒すことができれば、再び勢いを取り戻し、”拠りどころ”を生み出すきっかけもつかめるのではないだろうか。

「優勝やACL(AFCチャンピオンズリーグ)出場を目指していくのであれば、次の磐田戦では踏ん張って、絶対に勝たないといけない。鹿島アントラーズとか、強いチームは連敗しないし、連敗してもそこから連勝にもっていける強さがありますから。

 そういう強いチームにするのは簡単なことじゃないけど、そうなっていくために今大事なことは、次の試合に向けて、最近の負けた試合から自分たちが何を感じて、選手個々がどう行動に移せるか。それが(新たな行動として)練習でも出てくれば、自ずと結果はついてくると思う。

 うちはケガ人が多く、ベストメンバーが組めていないですけど、その中でやりくりしながら勝っていくのも強いチーム。強いチームになるために、そして優勝争いを続けていくためにも、磐田にはしっかり勝って、上に食らいついていかないといけない」

 山口が言うとおり、セレッソは主力選手の負傷が相次いでいる。5月に一時戦列を離れたMF水沼宏太は復帰したものの、MF清武弘嗣は長期離脱中。ここまで目覚ましい活躍を見せてきたMF山村和也までも、清水戦で左膝内側側副靭帯損傷。全治5週間という重傷を負った。

 苦しいチーム状況にあって、まだまだ厳しい暑さが続く中、再び連勝していた頃のような、相手を上回る走りを見せて、泥臭い戦いができるのか。

 それをリードしていく役割が、山口には求められる。

■Jリーグ 記事一覧>>