【詳細】他の写真はこちら

皆さんは、元フジテレビのアナウンサーで現在フリーアナウンサーの中野美奈子(37)がブログを書いていることをご存知だろうか?最近、彼女のシンガポールでの子育てを綴った「minako's official blog 中野美奈子シンガポールブログ」にアップされる写真の美しさが、密かに注目を浴びている。

◆ミス慶応出身の超人気アナウンサー



2017年07月14日に更新された「感動の草間彌生展♡ in national gallery」という記事には、2016年に出産した男児を抱いて微笑む美しいママの姿が見られる。その横顔は、高島彩と人気を二分したフジテレビアナウンサー時代と寸分違わずキュートで健康的だ。中野美奈子は、女子アナの登竜門とも言われる、慶応大学のミスキャンパスコンテスト『ミス慶應』出身。好きなアナウンサーランキングでは上位常連で、CDデビューも果たすなど、アイドル的人気を誇った。過去には、国民的グループのリーダーや、超美形俳優とも熱愛報道され、どんな相手と結婚するのか注目が集まっていた。

◆医師と結婚するのは手堅いの?



2010年、31歳の時に結婚した相手は、同世代の医師だった。「思ったより手堅い選択をした」という評価がネット上を飛び交った。かつては「女子アナ」というだけで、野球選手や人気俳優、外資系金融会社勤務の御曹司など、「億単位の年収」を稼ぎ出す派手な相手と結婚するイメージが強かった。中野美奈子と言えば、女子アナの中でも「派手な存在感」のあるタイプだったので、余計に肩透かしを食ったファンも多かったのだろう。

◆お似合いなイケメン夫と赤ちゃん



しかし、ブログを見る限り、彼女の子育てライフは充分豊かで幸せそうだ。2017年06月30日のブログには、整形外科医と報道された夫と思われる人物の写真もアップされている。優しい光がさす濃い緑の中で、見るからに精悍な男性が赤ちゃんを抱いている姿は、絵になる美しさだ。華やかで知的な中野美奈子と並んだら、さぞかしお似合いのカップルに見えることだろう。

◆ゆったりしたシンガポールライフ



2012年に、夫の海外赴任に同行する形でフジテレビを退社しフリーアナウンサーになった中野美奈子。「singapore de 深呼吸 シンガポールで子育てしながら日々の生活をゆるりと綴っております」と記されたブログでは、南国リゾートホテルのような緑と花に囲まれた環境で、オシャレなカフェやベビーグッズのお店を紹介したり、時折日本に帰国して仕事もして、家族行事で京都に行く…。といった、楽しげな日々が綴られている。思いの外、「医師の妻として海外で生活する」ライフスタイルが似合っている。

◆ロスジェネ世代は堅実なの?



中野美奈子はバブル崩壊後の「失われた10年」に社会に出た「ロストジェネレーション世代」と言われる1979年生まれだ。彼女ほどの美貌を持ってすれば、女優として活動することも可能だっただろう。そんな中「TVには出るが会社員である」アナウンサーになることと、「エリートで経済的リスクが少ない」医師の妻になる選択をすることに、さほど矛盾は感じられない。

写真提供:gettyimages

◆誰もに自慢できる医師という職業



実は、医師と結婚する女性アナウンサーやキャスターは少なくない。日本テレビの延友陽子アナ(42)、フリーのお天気キャスター根本美緒(38)の夫も医師だ。まさに医師は、女性アナウンサーや女優の勲章たる職業と言えそうだ。

◆中流家庭の共働きママがよく似合う



彼女の実家が病院を経営しているという話は、有名だ。ブログを眺めていると、医師という職業に馴染みがある余裕からか、肩肘を張らず寛いでいる様子が伝わってくる。「父親の職業」や「育った環境」に近い夫を選ぶことは、価値観の違いから起こる争いが格段に少なくなりそうだ。2017年4月18日のブログには、「ベビー服は出産祝いやお下がり中心で、新しいものを買っていない」ことや、「IKEA」で楽しげに買い物をする庶民的な生活について綴られている。スター級女子アナ「ナカミー」が、すっかり「中流家庭の共働きママ」の生活に馴染み、居心地が良さそうに生活を楽しんでいる。独身時代の華々しい活躍を知るものとしては不思議な気もするがが、「若い頃の派手な生活」に未練を持たず、軽やかに「新しい家族の生活スタイルにあわせた楽しみ」を見つけていけるスキルも、「ハッピーなママ」でい続ける秘訣かもしれない。