本田圭佑がバルセロナのテロ事件に追悼の意

写真拡大

 パチューカに所属する日本代表FW本田圭佑が、バルセロナで発生したテロ事件による犠牲者に追悼の意を表した。

 日本時間18日未明、バルセロナ中心街にあるカタルーニャ広場近郊のランブラス通りでテロが発生。ワゴン車が人混みに突っ込み、これまでに死者13人を含む110人以上の死傷者が確認されている。

 この事件を受けて本田が自身のツイッター(@kskgroup2017)を通じ、「バルセロナのために祈る。僕の心はバルセロナの人々、特に被害に遭われた家族の方々と共にある。この種の犯罪行為が二度と起こらないことを願う」とコメントしている。


●海外組ガイド