バスケットを生ごみごと本体にセット

写真拡大

蒸し暑い日本の夏、生ごみに悩んでいる人も多いのでは? 忙しくてうっかり放置していたり旅行している間に、生ごみが悪臭を放っていた、虫が湧いて大騒ぎ……なんていう話もよく聞きます。重い生ごみを収集所まで持っていくのも憂うつですよね。

【おまけ情報を読む】

そんな生ごみ対策に便利なのが生ごみ処理機。ただ、大きくて置き場所がない、値段が張る、入れるものに制限があって分別が面倒など、欲しい気持はあるけれど迷っている……という人に注目していただきたいのが乾燥式の生ごみ処理機「パリパリキューブライト」です。

乾燥後はごみの量がなんと5分の1に! 付属のバスケットに水切りネットをつけ(つけなくてもOK)、三角コーナー代わりに使用して生ごみを溜めたら、本体にセットしてスイッチオンするだけと使い方も簡単です。破砕刃などを使わず温風だけで乾燥させるため、動物の骨や貝殻、爪楊枝やスプーン等が入っていても問題なく、面倒な分別作業が不要、運転音も静かなのもうれしいですね。“標準モード”なら6時間、“多めモード”でも9時間で乾燥終了! その名の通り、野菜や魚などの生ごみがパリパリになるそうですよ。

「パリパリキューブライト」は1〜3人家庭向けのコンパクトな卓上サイズ(Φ215mm×高さ283mm)。デザインやカラー(トリコロール/ブルーストライプ/トリコローレ/グリーンストライプの4色展開)もおしゃれで一見生ごみ処理機には見えないほどで、置き場所にも困りません。

乾燥させたごみは軽く、液だれもしないのでごみ出しラクラク♪ 一度検討してみてはいかがですか?