『フレンズ』が終了して早十数年。この番組は放送当時に社会現象となり、今でも根強い人気を保っている。その根強い人気を裏付けるのが、コスモポリタン イギリス版に紹介された、とある熱狂的なファンが計算したキャスト6人が、すべてのエピソードで飲んだ「コーヒーの量」! 

10シーズン続いた番組内でお馴染みなのがセントラル・パークカフェにあるオレンジ色のソファ。様々なドラマが繰り広げられる中で、6人の主役がそこで飲んだコーヒーは相当な量なはず…!

この調査を行ったのは、<Twitter>ユーザーのキット・ラブレースさん。その結果、もっとも多くコーヒーを消費したのはフィービーで、合計227杯、1エピソードに付き1杯を飲み、もっとも少なかったのはレイチェルで合計138杯だったとのこと。

『フレンズ』のハードコアなファンにとって、この程度のデータでは満足できない? そんなあなたのために、キットさんはコーヒー1杯が1ドル50セント(約170円)だと想定し、各キャラクターが費やしたコーヒー代まで計算したよう。

20%のチップを払ったことを前提にすると、6人は合計2,077.20ドル(約24万円)を支払ったと計算できるそう!

中には、彼らが飲んでいたのは必ずしもコーヒーではない可能性を指摘していたほかの<Twitter>ユーザーもいたけれど、そんなことより、このように地道な調査を黙々と実施してくれたキットさんのフレンズ愛に、拍手を送りたい!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Rubicon Solutions, Inc.

COSMOPOLITAN UK