ブラックモアズ・ナイト、新曲でリッチーの7歳の娘の声をフィーチャー

写真拡大

リッチー・ブラックモアと奥さんキャンディス・ナイトによるブラックモアズ・ナイトが、先週(8月11日)、デビュー20周年を記念しベスト・アルバム『To The Moon And Back: 20 Years And Beyond…』をリリースしたが、そのボーナス・トラックの1つ「Ghost Of John」で夫妻の7歳になる娘オータムの声がフィーチャーされているという。

◆「Ghost Of John」試聴音源

リッチーは『Billboard』誌にこう話した。「彼女が学校から戻り、(古くから伝わる童謡の1つ「Have You Seen The Ghost Of John」を)歌っているのを聴いて、僕は“なんて素晴らしいメロディなんだ”って思った。彼女から教えられたんだ。だから、曲の最後に彼女の声を入れた。もともと彼女はこうやって僕らに歌ってみせたんだ」

リッチーとキャンディスは、曲の歴史を調べた後、コードやアレンジを変更し、彼ら独自のヴァージョンを創り出したそうだ。最後で、合唱団の一員のようなオータムの美しい歌声を聴くことができる。

Ako Suzuki