デートの最中、女友達と一緒にいる感覚で彼に接していませんか?

女性に多い間違いが、男性に女友達のような女性的感覚や共感を求めてしまうことです。

その感覚に違和感を抱く男性も多く、いくら気を抜いていても、男性に女性的な感覚を強く出しすぎては敬遠されるかもしれませんよ。



出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、男性がデート中に「女子の感覚についていけない」と思う瞬間をピックアップ致します。

 

■異常としか思えない!「かわいい」の感覚

女性は“かわいい”ものが大好きですよね。

もちろん男性も“かわいい”と思う感覚ぐらいありますが、女性の“かわいい”への執着は、時に異常さを感じるほど、男性は不思議に思うこともあるのです。

例えば、きもかわ、グロかわ、病みかわなど、ここまでくると男性には理解できない感覚すぎて、その人のセンスさえも疑ってしまいます。

男性にとってはあきらかにかわいくないであろう物に、「かわいいー」とはしゃいだり、「かわいいよね?」と共感を求められたりすると、理解できないことも多いのです。

 

■俗物すぎる!楽しむことに貪欲

楽しむことは大切です。

何事にも楽しみを抱ける人の方が正道かもしれませんが、中には、「楽しければ何でもOK」的な感覚の女性もいて、後者の感覚にはついていけない男性もいるのです。

人生は楽しまなければ損ですし、一度きりの人生楽しく生きた方がいいと思いますが、これは身勝手にしろという意味では決してありません。

楽しむことに貪欲すぎてあまりにも度が過ぎると、多くの女性が理想とする“良い男”は、訝しく思うかもしれませんよ。

女友達と遊びに行くワケではないのですから、彼や意中の男性の前では気を付けた方がいいかもしれませんね。

 

■頭の中がSNSに支配されている…インスタ女子

インスタグラムに限りませんが、SNSに脳内を支配されている女性に男性は、嫌悪さえ抱いてしまうこともあります。

ただ、脳内をSNSに支配されている男性も多いので、同じ感覚の人なら何も思わないかもしれませんね。

デートの最中、写真をやたらと撮りまくったり、即SNSに投稿して住人の反応を実況したり、デートの目的が「インスタ映えするから」などでは、感覚についていけない男性は、あなたのことを心底好きになれないかもしれません。

SNSに支配され、何をするにもSNSを中心に生きるのは構いませんが、彼とのデートの時ぐらい、SNSのことは忘れてもいいのではないでしょうか。

 

今回ご紹介したことをしている女性は、デートの最中「この子とは無理だ」と思われているかもしれませんよ。

たとえ男性が「今日こそは抱きたい」と思っていても、デートで上記のようなことをされると、途端にヤル気がなくなり、さっさと帰りたくなる人も中にはいるので、女性的な感覚の出しすぎには気を付けて下さいね。

【画像】

※  nd3000/shutterstock

【関連記事】

※ コスパ重視!? アラサー女子2人が「最近の女子会事情」をぶっちゃけ!(PR)

※ 【あなたは許せる?】アラサー女がドン引きした「マザコン男子」エピソード

※ 【元気にしてあげる♡】男が「感激する」エッチ中の気遣い

※ その差って何?「浮気する男」と「しない男」の見抜き方

※ 【最高だな!】男がエッチ中に「この子は理想の相手だ」と感じる瞬間

※ 【お口チャック!】周りから「イタイ」と思われる婚活女子のNGワード