孫の面倒を見るのはラクじゃない?

写真拡大

 お盆休みで帰省してきた息子・娘の家族がようやく帰っていった──孫の顔が見られたのは嬉しかったけれど、「ドッと疲れが出た」という人も多いのではないだろうか。山口県に住む68歳男性は、8月上旬に4泊5日で息子夫婦が帰省してきて以来、体調不良に悩まされている。

「孫は7歳と4歳の男の子兄弟。目に入れても痛くないほど可愛いのですが、ヤンチャ盛りで遊びに付き合うのも大変。35度を超える猛暑日なのに、近くの海に海水浴に行ったり、遊園地に出かけたり……。

 孫たちは“またお祖父ちゃんちに来たい!”と大喜びしてくれましたが、こっちはヘトヘト。妻と夫婦だけの生活に戻ってからも、頭はボーッとするわ、吐き気がするわ、食欲は戻らないわで病院に行くと“軽度の熱中症”と診断されました」

 孫たちとの時間を楽しく過ごそうと張り切りすぎたことで、思わぬ体の異変に見舞われる。そんな「孫疲れ」を訴える声は他にも次々と届いている。

「たまにしか帰らない孫たちに手料理を振る舞いたいと、ずっと台所に立って大人数の料理を作り続けた。嫁の目もあるし、美味しいものを出したいと必死になっちゃって。冷房もないキッチンで揚げ物を揚げていたのでフラフラですね」(岐阜県・66歳主婦)

「久しぶりに顔を見た2歳の孫の“抱っこ〜”というおねだりに無理をしすぎました。持病の腰痛が完全に悪化し、散歩もままならなくなってしまった。孫たちがいなくなってからは整形外科に通う日々です」(兵庫県・63歳男性)

 ただでさえ体調を崩しやすい猛暑の中、帰省してきた孫たちの存在が「ダメ押し」となっている実態が浮かびあがる。

※週刊ポスト2017年9月1日号