石川佳純【写真:Getty Images】

写真拡大

ブルガリア・オープン初日、日本勢全試合勝利に国際卓球連盟も特集

 卓球のブルガリア・オープン(パナギュリシテ)が17日に開幕した。女子ではシングルス世界ランキング7位の石川佳純(全農)、同11位の伊藤美誠(スターツSC)らが順当に勝利し、男子も世界ランク16位の松平健太(木下グループ)がストレート勝ちを収めるなど全員が白星発進。男女のシングルス、ダブルスで全試合に勝利したことを受け、国際卓球連盟(ITTF)も「日本にとってパーフェクトな1日」と報じている。

 日本は、この上ない大会のスタートを切った。

 女子は、石川佳純がイヴェタ・バチェノフスカ(チェコ)を4-1で撃破し、伊藤もエミナ・ハドジアームタビック(ボスニア・ヘルツェゴビナ)にストレート勝ち。笹尾明日香(横浜隼人高)は2ゲームを先取される苦しい展開を強いられたが、激闘を制して4-3で逆転勝利を飾るなど、シングルス本戦に出場した16選手が全員2回戦に駒を進めた。

 一方の男子も、松平健太、吉村真晴(名古屋ダイハツ)がストレート勝ちを果たすなど、11選手が勝利。ITTF公式サイトは「日本にとってパーフェクトな1日」と特集し、「320回目となるITTF国際大会の初日、男子シングルでは11人の日本人選手、女子シングルでは16人の日本人選手がコートに立った。驚くべきことに、誰一人として敗北を経験することはなかった」と報じている。

 初日の結果は以下の通り。

男子シングルス・ダブルスの初日結果

<男子シングルス1回戦>
宇田幸矢 4-3 トーマス・コネチュニー(チェコ)
及川瑞基 4-2 ボヤン・トキッチ(スロベニア)
町飛鳥 4-0 ポール・ドリンクホール(英国)
金光宏暢 4-2 アレクサンドロフ・テオドル(ブルガリア)
木造勇人 4-2 ゴーシュ・ソウムヤジット(インド)
吉村真晴 4-0 アングル・エンゾ(フランス)
松平賢二 4-3 オラー・ベネデク(フィンランド)
高木和卓 4-2 ドミトリ・プロコプコフ(チェコ)
田添健汰 4-2 ロベルト・ガルドシュ(オーストリア)
上田仁 4-0 チョウ・テハオ(台湾)
松平健太 4-0 トーマス・トレグラー(チェコ)

<男子ダブルス1回戦>
上田仁/吉村真晴 3-0 デサイ・ハルミート/アルヤン・ゴーシュ(インド)
木造勇人/松平健太 3-1 ビクトル・ブロッド/ハンプス・ノードバーグ(スウェーデン)

女子シングルス・ダブルスの初日結果

<女子シングルス1回戦>
石川佳純 4-1 イヴェタ・バチェノフスカ(チェコ)
森薗美月 4-1 マリア・ヨフコバ(ブルガリア)
塩見真希 4-1 リ・ユーペン(台湾)
笹尾明日香 4-3 ゲオルギナ・ポータ(ハンガリー)
加藤美優 4-0 アイカ・ムカルジー(インド)
森薗美咲 4-0 ダナ・チェホヴァ(チェコ)
浜本由惟 4-0 バレンティナ・サビトヴァ(ロシア)
佐藤瞳 4-0 リン・チャーシュアン(台湾)
橋本帆乃香 4-0 シベル・アルティンカヤ(トルコ)
松澤茉里奈 4-0 ワン・イージュ(台湾)
加藤杏華 4-1 ハナ・マテロワ(チェコ)
早田ひな 4-0 アンナ・チホミロワ(ロシア)
森さくら 4-2 アドリアナ・ディアス(プエルトリコ)
前田美優 4-1 マチルダ・エコーム(スウェーデン)
芝田沙季 4-0 マリア・ドルギフ(ロシア)
伊藤美誠 4-0 エミナ・ハドジアームタビック(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

<女子ダブルス1回戦>
佐藤瞳/橋本帆乃香 3-1 アリナ・アルロウスカヤ/アリナ・ニキチャンカ(ベラルーシ)
石川佳純/伊藤美誠 3-0 リ・ユーペン/サイ・ユーチン(台湾)