“ユニバース系”が『スパイダーマン:ホームカミング』にもたらした光と影 

写真拡大

 今年の初夏以降のアメコミ系映画の勢いが怖ろしいことになっている。6月に『X-MEN』の渋いスピンオフ『LOGAN/ローガン』が日本公開されて、7月『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』、8月『スパイダーマン:ホームカミング』『ワンダーウーマン』、少しとんで11月にはバットマン、ワンダーウーマンらが一堂に会す『ジャスティス・リーグ』と続いていく。それなりに高額予算のかかりそうなこれらスーパーヒーロー物だが、ハリウッドメジャー各社はこれらの製作に余念がない。正確にいうと『ザ・マミー』はアメコミ原作ではないが、筆者は、上記のようにアメコミ的な世界観を借用しつつ無限大にクロスオーバーさせていく作品群を、仮に「ユニバース系」と名づけている。この「ユニバース系」的なるものは、アメコミ出版界では物語を延命させるために使われてきた古典的な手法だが、映画でそれが堂々とまかり通るようになったここ数年というのは、NetflixやHuluなど勃興するネットメディアへの対処という側面があることだろう。

参考:“ユニバース”全盛時代となったハリウッド映画の行き先は? 荻野洋一の『ザ・マミー』評

 ただし筆者はここでアメコミ映画の発展史を解き明かしたり、たがいにクロスオーバーしつつ果てしなく込み入ったキャラクターやエピソードの解説をしたりする任にはない。そうした需要は「映画秘宝」誌にお任せする。その代わりに筆者が言及し、提示したいのは、2010年代になってますます加速し、アメリカ映画の興行を覆い尽くした観のある「ユニバース系」が、あくまで古典的なアメリカンヒーローであったはずのスパイダーマンの物語と映像に、いかなる光と影をもたらしているのかという、その一点に尽きる。自由気ままで孤独な都会型スーパーヒーローだったスパイダーマンは、『アベンジャーズ』で統合された《マーベル・シネマティック・ユニバース》の環境に取り込まれ、補強され、また同時に足枷をもはめられた。足枷をはめたのは、『アベンジャーズ』の総帥をみずから任じるトニー・スターク/アイアンマンのように見えるが、じつはそうではない。ピーター・パーカー/スパイダーマンを縛ったのは、15歳の新人その人だったのである。

 ピーター・パーカー/スパイダーマンは、彼が初登場した『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でアベンジャーズにリクルートされ、お上りさん気分で戦闘に参加し、スマホで自撮りまでしてはしゃいで見せた。彼は自分のことを「15歳でアベンジャーズ加入を許可される天才」だと勘違いしている。しかし、その後は何ヶ月もお声がかからない。ユース年代のサッカー少年がJリーグのトップチームに一度呼ばれるのとよく似ている。つまりスパイダーマンは《マーベル・シネマティック・ユニバース》環境にあって、才能はあるが、まだ未熟な育成年代の少年にすぎない。「ボクできちゃうよ」と売り込みばかりかける彼は、おのれの才能を過信するクセがあり、大人たちは彼を諫めなければならない。トニー・スターク/アイアンマンは「君の行動範囲はこんな程度だ」と指の先を示して見せ、「しばらくはご近所様のローカルヒーローでいろよ」と続ける。トニー・スタークはピーター・パーカー/スパイダーマンを抑えつけようとしているのか?──いや、その逆で、トニー・スタークはスーパーヒーローのあるべき幸福論を説いているのだ。

 酔っ払った勢いで馬鹿をしでかしたり、傲慢な性格で世間から嫌われたりしていたアンチ・ヒーロー、アイアンマンのアナーキーな魅力が急速に失われ、風通しが悪くなってきたのは、思えば『アイアンマン3』(2013)あたりからだろうか。無頼漢の無謀さを魅力的に描いた『アイアンマン』シリーズの功労者ジョン・ファヴロー監督は『アイアンマン2』(2010)を最後に監督の任を退いて、一出演者(トニー・スタークの助手兼運転手のハッピー・ホーガン役──本作『スパイダーマン:ホームカミング』にも登場する)に徹し、一方で、もっと自分のやりたい企画である『カウボーイ&エイリアン』(2011)、『シェフ 三つ星フードトラック始めました』(2014)の監督を務め、表現を深化させていった。『アイアンマン3』あたりからアイアンマンは、なにやら大統領直属の公安部隊のような存在になってしまった。さらに、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で描かれてしまった、例の「ソコヴィア協定」。アベンジャーズ一味は巨大な悪を倒すという世界貢献を果たす一方、派手な戦闘の結果生じる経済的損失、あるいは一般市民の犠牲に対する国際的批判が高まり、アベンジャーズの活動を国連管理下に置くことを定める法律が「ソコヴィア協定」である。俗に「超人管理法」とも呼ばれるこの協定に署名する派閥と、署名に反対して権限の独立を主張する派閥が対立し、アベンジャーズ間で内戦に発展するという、なんとも陰惨ないきさつが延々と描かれるのが、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』である。あの作品の異様な迫力は、いきさつの陰惨さにある。

 こうして今やスーパーヒーローさえもがグローバル・スタンダードの専制のもとに管理され、手足をがんじがらめにされようとしている。「ソコヴィア協定」賛成派のリーダーであるトニー・スターク/アイアンマンにしたところで、内心は忸怩たるものがあるのは、映画を見る全観客が理解しているところだ。だから彼は、希望ある15歳の天才少年スパイダーマンには、そのようなしがらみから自由であってほしいと願ったまでのことだ。隣近所の町の人に迫る危険を救う古き良きヒーロー像を、彼はスパイダーマンの中に見ている。そんなトニー・スタークの思いと呼応するように、本作の舞台としてじつに狭い範囲にこだわっている。ニューヨークの移民が多いクイーンズ区という地域である。ニューヨークは5つの行政区に分かれており、マンハッタン、ブルックリン、ブロンクス、スタッテン島、クイーンズの5区であるが、なかんずくクイーンズは最も地味な区であって、ピーター・パーカー/スパイダーマンはこのクイーンズに生まれ、区内の理系高校に通っている。全人口の約半数が外国生まれだというクイーンズの性格を表して、クラスメートも黒人、ヒスパニックの女子だったり、ハワイアンの親友だったりする。

 さらには、スパイダーマンの敵でさえも、クイーンズ区内のローカルな悪徳企業である。彼らはもともと戦災の瓦礫を処理するまじめな業者だったのだが、トニー・スタークの関連企業と政府が合弁で起ち上げた新会社に瓦礫処理の仕事を奪われ、怨みの心をもって泣く泣く悪の道へ走ったに過ぎない。となると、そもそも悪の発生原因は、スパイダーマンの後見役であり援助者であるトニー・スタークその人ということになる。悪徳企業の工場からハドソン川をはさんで向こう岸のマンハッタンには、スターク社の美しく荘厳な社屋が見えている──。

 ヒーローたちの正義感がある種の独善性を帯び、そのためにスポイルされた庶民が生きのびるため、悪に手を染める。その悪行をまたヒーローが成敗して喝采を受ける。なにやらループしているだけではないか。ここで詳述は控えたいが、ピーター・パーカー/スパイダーマンと今回の悪のリーダーの間柄も、皮肉としか言いようのない関係性が明かされることになっている。この善と悪の閉塞的かつ相互浸透的なループ──アメリカ、国連、イスラムゲリラ、台頭する極右・ネオファシスト、北朝鮮などなど。これらの国際紛争のループ性を、スーパーヒーローの世界も忠実になぞっている。2010年代に未曾有の全盛を迎えた「ユニバース系」とは、このグローバル・スタンダード的国際紛争モデルを映す、現代社会の自惚れ鏡である。(荻野洋一)