打ち明けられる秘密がさらなる謎の扉を開く フランソワ・オゾン監督最新作『婚約者の友人』予告編

写真拡大

 『8人の女たち』『スイミング・プール』のフランソワ・オゾン監督最新作『婚約者の友人』より、ポスタービジュアルと予告編が公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は、エルンスト・ルビッチの『私の殺した男』を原案にしたミステリー。1919年のドイツを舞台に、フランスとの戦いで婚約者フランツを亡くした主人公アンナが、フランツの墓参りで出会った、彼の友人と名乗るアドリアンと知り合い、惹かれながらも、次々と現れる謎に直面して行く模様を描き出す。

 ポスタービジュアルは、モノクロを基調に淡いグラデーションがかけられたデザインに、アドリアンを見つめるアンナの姿が捉えられている。

 一方の予告編では、婚約者フランツの墓の前で泣いていた見知らぬ男を、アンナが目撃する場面から始まり、やがて“フランツの友人”と名乗るその男から、秘密を打ち明けられる模様が展開されていく。(リアルサウンド編集部)