外出中にちょっとした拍子にこけてしまったり、ものにぶつけてしまったときなどにできる擦り傷。擦り傷はよく消毒液で消毒しておけば大丈夫、乾燥させておけば大丈夫、などといわれていますが、これらは悪い処置の典型例であることをご存知でしたか?(消毒液や絆創膏は擦り傷の治りを遅らせる )間違った認識の多い、擦り傷の正しい処置と誤った処置について紹介したいと思います。

擦り傷の誤った処置

上述したとおり、擦り傷を消毒液で消毒する、乾燥させておく、という方法は誤った処置方法であります。というのも擦り傷に消毒液をかけて消毒したり、傷口患部を乾燥させることで、傷口の治り・回復が遅くなってしまうためです。でも一見回復には良さそうな消毒・乾燥が、何故傷口の治りを遅らせる結果となるのでしょうか。

消毒液がなぜダメなのか

消毒液は悪い細菌の細胞膜に作用しダメージを与えるものですが、同様に傷口患部の細胞膜にも作用してダメージを与えてしまいます。そして傷口患部には悪い影響を与える細菌だけでなく、傷口を治癒してくれる良い菌も存在していることで知られていますが、消毒液はこの両方に作用してしまうため、悪い菌と共に良い菌までもが取り去られてしまうこととなってしまうのです。傷口患部にダメージを与え、良い菌が消滅してしまうため、擦り傷に消毒液をかける処置方法は間違っているということですね。

乾燥させるのがなぜダメなのか

擦り傷が出来たときに傷口患部はジュクジュクと湿った状態となりますが、これを何だか悪いものと勘違いして拭き取る・乾燥させるなんてことをしてはいけません。というのもそのジュクジュクしたところでは傷口再生に大きく寄与する血小板が含まれており、更にそのジュクジュクし湿った状態こそ傷口再生に伴う細胞分裂を促し、傷口の治りを早くしてくれるものなのです。だからこの湿った状態を取り去る"乾燥させる"という行為が傷口の治りを遅くしてしまうというわけです。

以上の誤った処置方法をふまえて、正しい処置の方法について見ていきましょう。擦り傷の正しい処置の手順は、傷口の洗浄、止血、保護です。まず擦り傷の傷口患部に悪い細菌が繁殖させないため、汚れを取り除くために水道水で十分に洗浄します。つぎに出血が止まらない場合は、ガーゼ等のきれいな布で抑えて傷口患部を止血します。そして最後に擦り傷に適したバンドエイドで傷口を保護しましょう。このバンドエイドに関してですが、先ほど解説したように患部が乾燥することはよろしくないので、なるべく水分を逃さずぴったりと患部を覆うバンドエイドを使用することがポイントです。通常の絆創膏より少々値は張りますが、擦り傷をより早く、綺麗に治癒させてくれることでしょう。


writer:サプリ編集部