2010年南アフリカW杯初戦のカメルーン戦でアシストを記録した松井大輔【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

2010年南アフリカW杯、あの名場面から7年

 1979年生まれ組が「黄金世代」と称される一方で、「谷間の世代」と呼ばれていた1981年世代。ワールドユース(現U-20W杯)や五輪ではグループステージ敗退を経験したが、2010年の南アフリカW杯では決勝トーナメントに進出した日本代表チームで軸となる世代となり、今なおJクラブで主力を担う選手たちもいる。同世代の代表的選手ともいえる石川直宏、松井大輔がキャリアのなかで重要な決断を下した今、81年組の面々に今一度フォーカスしたい。(文:元川悦子)

----------

 2010年6月14日、異様な熱気に包まれた南アフリカ・ブルームフォンテーヌのフリーステイト・スタジアム。2010年ワールドカップ直前、親善試合で厳しい戦いを強いられるなど崖っぷちの状況に追い込まれた日本代表は、圧倒的なフィジカルを誇るカメルーン相手に奮闘していた。

 その前半39分、この試合最大の見せ場がやってくる。左インサイドハーフ・遠藤保仁(G大阪)からの展開に松井大輔(オドラオポーレ=ポーランド)が右サイドで反応。いったんタテに行くと見せかけて左に切り返し、ピンポイントクロスを送った。

 これをファーサイドの絶妙の位置で受けたのが本田圭佑(パチューカ)。次の瞬間、彼のシュートがゴールネットを揺らし、日本のミラクルが始まった……。

 あの名場面から7年。値千金のアシストを見せ、日本のベスト16入りの原動力となった松井は、3年半を過ごしたジュビロ磐田を離れてポーランド2部のオドラオポーレに新天地を求めた。

 2004年アテネ五輪の直後に当時フランス2部のルマンへ移籍し、1部昇格の原動力になって以来、サンテティエンヌ、グルノーブル、ロシア1部のトム・トムスク、フランス1部のディジョン、ブルガリア1部のスラヴィア・ソフィア、ポーランド1部のレヒア・グダンスクと足掛け10年間で4ヶ国7クラブでプレー。その類まれな国際経験値が、南アワールドカップでの大ブレイクの原動力になったのは間違いない。

 ポーランドをいったん離れ、日本に戻ったのは2014年1月。当時磐田のジェネラルマネージャーを務めていた加藤久(現ヴィクサーレ沖縄FC代表)からのオファーに心を動かされたからだった。

 ペリクレス・シャムスカ体制で指導した最初のシーズンはキャプテンも経験した。が、同年終盤に名波浩監督体制に移行すると、キャプテン変更、出場機会減少といった苦境にも直面することになる。とりわけ、磐田4年目の今季は中村俊輔の加入もあって、J1出場はわずか7試合。「このままでいいのか」という焦燥感が本人の中でも高まっていたに違いない。

「36歳でなかなか取ってくれるクラブもない」

 そんな時に浮上したのが、欧州再挑戦の話だった。長年の欧州経験が評価されたか、ポーランド2部からオファーが届く。家族の合意も得られた松井に迷いはなかった。

「ルマンの時も2部で、磐田に帰ってきた時もJ2。今回もポーランド2部ということで初心に戻れるかなと。36でなかなか取ってくれるクラブもないし、今回ポーランドからオファーがあったのもすごく光栄なこと。求めてくれるチームがあるなら、サッカーをやりたいなと思う。

(オドラオポーレは)3部から上がってきたチームだけど、自分が力になれればいいし、早く自分の居場所を見つけたい。その作業はどこに行っても同じですね。とにかく純粋にサッカーを楽しみたいと思います」と7日に成田から出国する際、彼は改めて決意を口にした。

 欧州でもさまざまな不遇を味わった松井だけに、磐田時代の3年半もポジティブに捉えることができているようだ。

「キャプテンをやらせてもらったり、ベテランとしてしなければいけないこと、責任感だったりが生まれたんで、人間的には成長したかなと。俊さんの近くで勉強できたこともいい経験になった。戦術眼だったり、監督目線での見方、ここにボールがあったら誰がどう動いたらいいのかといったことを聞けたり学べたりしたのはすごく大きかった。俊さんからも電話で激励をもらいました。

 住んでいた町の人たちも僕たちに近すぎず離れすぎずいい距離間で接してくれたんで、ホントに心地よかった。36歳までやらせてもらってホントに感謝しかないですね。ここからまた自分の可能性を探っていくことになるけど、今後の将来像を描きながら進めればいいかなと思います」と前だけを向いてキャリアを突き詰めていく考えだ。

「僕らの年代はいい選手が多くて、チームにもまだまだ必要」

 年々、選手寿命が延びているサッカー界だが、松井はブルガリアやポーランドにいた数年前より今の方がはるかにコンディションがいいという。

「日本に帰ってもう1回、体を作れたかな。前に欧州にいた時は痛いところだらけだったから(苦笑)。磐田で毎日すごく厳しい練習をしたし、練習量も欧州とは違ったんで、フィジカルを鍛え直せたのは自分にとってはプラスですね。いろんな人にアドバイスをもらったりしたんで、今後もやっていけるかなと思います」と本人も自信をのぞかせる。

 同じ81年組の盟友・鈴木啓太(元浦和、現AuB株式会社社長)が2015年シーズン限りでキャリアに区切りをつけ、高松大樹(前大分、現大分市会議員)が2016年、石川直宏(FC東京)が2017年を最後にユニフォームを脱ぐなど、新たな道に踏み出す同世代も日に日に増えている。そういう中、現役にこだわる松井は体が動く限り、ピッチに立ち続ける構えだ。

「ナオみたいにケガでできなくなって引退を決断したり、他のアテネ組が試合に出れなかったりと、いろんな選手がいる中で、自分はまだサッカーできてることがホントにありがたい。やれなくなった人のためにも僕は前に進むことが大事だなと思います。

 コマ(駒野友一=福岡)からも電話ありましたよ。『退団セレモニーで泣いてたね』って言われたけど、『泣いてねえ』って(苦笑)。コマは今、J2アシストランキング1位でしょ。もともとポテンシャルは持ってるわけだから、中にいい選手が入れば点につながるから。

 36になっても走れてるし、ホント変わんない。僕らの年代はいい選手が多くて、チームにもまだまだ必要。長くできるんならやった方がいいし、チームのために、日本サッカー界のために、みんな頑張ってほしいですね」

 ポーランド2部でどのような足跡を残せるかはまだ未知数だが、松井には他の誰にもない経験値がある。欧州の中でもロシア、ブルガリア、ポーランドといった発展途上の国々を渡り歩いたタフさや逞しさは特筆すべきもの。

 それを日本サッカー界全体に伝えていくためにも、彼自身が輝き続けることが肝要だ。南アで残した強烈なインパクトをもう一度、欧州の地で示してもらいたいものだ。

(取材・文:元川悦子)

text by 元川悦子