【詳細】他の写真はこちら

マーベル・スタジオの最新映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のMovieNEXが9月6日にリリースされ、同日Blu-ray&DVDレンタルがスタート。また、ひと足早く8月23日に先行デジタル配信が開始される。

全世界シリーズ累計興収1兆円を突破した、あの『アベンジャーズ』シリーズのマーベル・スタジオが贈る、最高に笑って泣けるアクションアドベンチャー超大作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』。

“スター・ロード”ことピーター・クイルをリーダーに、ツンデレ暗殺者ガモーラ、マッチョな破壊王ドラックス、凶暴なアライグマのロケット、「ボクはグルート」しか話せないベビー・グルートなど、たまたま出会ったノリで結成された宇宙の“はみ出し者”チーム、<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー>。

常識破りで誰よりも自由、ヒーローと呼ぶにはあまりにも頼りない、銀河一“ヤバい”落ちこぼれチームが、なぜか銀河の危機に立ち向かう。キュートなのにコワイ、ダサいのにクール、笑えるのに胸キュン、そんなギャップ満載のキャラクターとストーリーが話題となった。

このたび、劇団EXILEメンバーで『HiGH&LOW』シリーズ等で活躍中の俳優・佐藤寛太が、雑誌『FLIX』のインタビューに応じ、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の魅力を語った。

『HiGH&LOW THE MOVIE』(2016年)、『イタズラなKiss THE MOVIE』シリーズ、そして『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』(8月19日公開)、『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』(11月11日公開)、『恋と嘘』(10月14日公開)の公開を控えるなど、注目を集める佐藤寛太。

そんな佐藤が、俳優を志したきっかけは洋画とのこと。その、いちジャンルとして、マーベルの映画を楽しんできたとか。最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』もすでにチェック済みだ。

「中学生のときに観た『アイアンマン』を始め、『アベンジャーズ』など、マーベルの映画はすべて観ています。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』はその中でもシンプルに楽しめますよね」と佐藤。『ガーディアンズ〜』の魅力に関しては「最初からぶっ飛んでいるし、ヒーローがかっこつけても決まらないほどギャグ満載なところがいいんです」と語った。

さらに、「僕は毒舌のロケットが好きです。第2作のベビー・グルートもめちゃくちゃかわいい。ピーターたちが『シートベルトしろ』って言ってもしないし、第1作よりさらに言葉が通じなくなっている(笑)。冒頭で激しい戦いの中でダンスしている場面や、予告編にも出てきた爆破ボタンを押そうとする場面には笑っちゃいました」と振り返る。

そして、「ロケットの声が『アメリカン・スナイパー』のブラッドリー・クーパーで、ベビー・グルートの声が『ワイルド・スピード』のヴィン・ディーゼルというのも、たまらないです」と、超個性的なキャラクターを、名俳優たちがボイスキャストを務めている点について、洋画ファンとして熱く語った。

そのほかにも、独自の視点で本作やマーベル作品の魅力を掘り下げる佐藤寛太。このインタビューの全文は、雑誌『FLIX』10月号(8月21日発売)に掲載される。

本作は、シルヴェスター・スタローンやカート・ラッセルなど実力派俳優が出演したことで話題沸騰。さらに2018年公開予定の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に、彼ら“ガーディアンズ”たちの参戦も決定!

観たら必ずクセになる、興奮と爽快感がハンパないアドベンチャー超大作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』。製作の舞台裏や未公開シーンなどを含む貴重なボーナスコンテンツ満載のMovieNEXは、9月6日に発売、8月23日に先行デジタル配信開始となる。

さらに映画の作品サイトでは、ベビー・グルートの写真を撮って投稿するとカリフォルニア ディズニーランド・リゾート旅行など豪華賞品があたる「アイ・ラブ・ベビー・グルートキャンペーン」も実施中だ。

リリース情報



2017.09.06 ON SALE

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス MovieNEX』

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス MovieNEXプレミアムBOX』

(C) 2017 MARVEL

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』作品サイト

http://marvel.disney.co.jp/movie/gog-remix.html