コンテナ船との衝突で激しく損傷し、横須賀の米海軍基地に到着したイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」(2017年6月17日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】今年6月に静岡県・伊豆半島沖で米海軍のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド(USS Fitzgerald)」とフィリピン船籍のコンテナ船が衝突した事故で、米海軍は艦長を解任するなど十数人を処分する。米海軍作戦副部長のビル・モラン(Bill Moran)大将が17日明らかにした。

 モラン大将は記者団に対し「対象者はそれぞれの職責において指揮を執る能力についてわれわれの信頼を失ったため艦を降りることになる。艦に戻ることはない」と述べた。モラン大将は今回の懲戒処分は責任を問うための最初の一歩だとしており、今後の調査結果によりさらに処分が下される可能性がある。

 横須賀を母港とする米海軍第7艦隊(7th Fleet)司令官のジョセフ・アーコイン(Joseph Aucoin)中将によると、既に水兵1人に処分を伝え、残りの対象者にも18日中に知らせるという。

 今回の衝突事件では19〜37歳のフィッツジェラルドの乗組員7人が死亡した。発表されたばかりの暫定調査報告書は死亡した7人に違反行為はまったくなかったとしているほか、仲間の生命を救おうと素早く「英雄的」に行動した乗組員らを称賛している。
【翻訳編集】AFPBB News