左からネイマール、リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、アントワーヌ・グリエーズマン

写真拡大

 国際サッカー連盟(FIFA)は17日、『ザ・ベストFIFAアワード』の2016-17シーズン最優秀選手候補24選手を発表した。最終受賞者は、10月23日にロンドンで開催されるセレモニーで発表される。

 昨年から開催されている『ザ・ベストFIFAアワード』は、各代表監督が25%、代表チームキャプテンが25%、オンラインによるファン投票が25%、世界各国200名以上のジャーナリストが25%の割合で最終受賞者を決める。今回は2016年11月20日から7月2日までの成績を表彰。ファン投票は21日から始まり9月7日に締め切られ、9月中に最終候補3名が発表される予定だ。

 今回発表された最優秀選手候補には、UEFAチャンピオンズリーグ史上初の連覇を達成したレアル・マドリーから最多7選手がノミネート。FWクリスティアーノ・ロナウドや今シーズンから10番をつけるMFルカ・モドリッチ、DFセルヒオ・ラモスらの名前が挙がっている。

 他にはFWリオネル・メッシとFWルイス・スアレス(ともにバルセロナ)、今夏パリSGに移籍したFWネイマール、チェルシーのプレミアリーグ制覇に大きく貢献したMFエンゴロ・カンテらが選出されている。なお、昨シーズンは1位がC・ロナウド、2位がメッシ、3位はFWアントワーヌ・グリエーズマン(アトレティコ・マドリー)だった。

 以下、最優秀選手候補24選手

ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)

レオナルド・ボヌッチ(ユベントス→ACミラン)

ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)

ダニエル・カルバハル(R・マドリー)

クリスティアーノ・ロナウド(R・マドリー)

パウロ・ディバラ(ユベントス)

アントワーヌ・グリエーズマン(A・マドリー)

エデン・アザール(チェルシー)

ズラタン・イブラヒモビッチ(マンチェスター・U)

アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)

ハリー・ケイン(トッテナム)

エンゴロ・カンテ(チェルシー)

トニ・クロース(R・マドリー)

ロベルト・レワンドフスキ(バイエルン)

マルセロ(R・マドリー)

リオネル・メッシ(バルセロナ)

ルカ・モドリッチ(R・マドリー)

ケイラー・ナバス(R・マドリー)

マヌエル・ノイアー(バイエルン)

ネイマール(バルセロナ→パリSG)

セルヒオ・ラモス(R・マドリー)

アレクシス・サンチェス(アーセナル)

ルイス・スアレス(バルセロナ)

アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)


●プレミアリーグ2017-18特集

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集