宗教法人の看板は掲げないまでも、実質的には新興宗教と変わらないビジネスが個人単位で活性化している

写真拡大

 スピリチュアルブームが始まったのは、テレビ番組「オーラの泉」時代を起点にしてもすでに10年以上前だ。

 そのブームは相変わらず翳りをみせないが、その一方で巨大化するスピリチュアルを看板に、団体を形成する動きが増えてきた。時代はすでに個人による”新新興宗教”が乱立しているといっていい。

 九州地方の女性ヒーラーは本を出すほど有名ではないが、信仰者は全国で5000人を超す勢いだ。SNSのコミュニティをベースに活動しているため、ほとんど表には出てこない。ネットで検索をすると彼女のセミナーに出たという記述は見つかるが、あくまでインナーサークルでし活動していない。ファンによれば、彼女が人気なのは、「ほしい言葉をくれる」からだという。

 関西でセミナーを開けば、全国から信者が100人は集まるほどの人気。その内容はふつうのスピリチュアル本に書かれている内容とほぼ同じだ。有名ヒーラーに習うには数十万円というお金がかかる。しかし彼女の信者は不思議なことに、数万円を支払い同じ内容を彼女から聞きたがるのだ。

 その彼女がついに東京支部を開いた。表向きはカフェ併設のゲストハウスだが、実態はスピリチュアルの指導場だ。他にも都内を中心として活動するヒーラーがファンを中心に宿泊施設をリゾート地に設立するといった、いわば宗教団体的な動きは各所で報告されている。

 スピリチュアルを求める人の間では、スピリチュアルは宗教ではないと信じている人がいる。しかし、ヒーラーが何かしらのご神託を得て、その言葉をファンに伝えるのは十分に宗教的だ。

 そもそもどの新興宗教も最初は、ご神託を受けるただの一人の霊能者からはじまっている。

 田舎町の一人の人間がある日いろいろな不思議なことをつぶやきだすといったストーリーがあり、そこからそのご神託を聞きたい悩める人々が家の周囲に集まりだし、集団ができた時点でその人は教祖になる。

 オウムのはじまりもたいして変わらない。ヨガの指導者であった麻原彰晃が解脱をしたと言い出したからに他ならない。人間の限界を超える考えられる能力をヨガ教室として弟子たちに伝授したのだ。オウムがヨガ教室をはじめたのが1984年、宗教化したのが1987年、最初の死亡事件を起こしたのが1988年だ。たった4年のあいだの話である。

◆信者が嫌がるので、宗教法人は名乗らない

 北野武の主演した映画『教祖誕生』はその様子を面白おかしく書いているが、祀り上げられる人がいて祀る人がいれば宗教の成り立ちとしては十分なのだ。大本教の開祖、出口なおも同じだ。

 出口なおに「うしとらのこんじん」と名乗る神が憑り、人々にご神託を与えた。集まった人々が宗教団体を形成する。時代は人々が貧困にあえいだ明治から大正時代のことだ。現代に照らしても、一般の人々が不況にあえぎ、貧困を訴える時代背景はその頃と似通っているといってもいい。

 どのヒーラーも共通する口ぐせは「私ははじめお金を取らなかった」という逸話だ。だが今はセミナーでお金を集めているのだから、それを印籠のようにかざすのは筋違い。最初は誰も話を聞いてくれないのだから無料にするのは集客のセオリーとして当然だ。

 スピリチュアルの指導者はセミナー代やスピリチュアルセッション料の名目でお金を集める。すでにスピリチュアルと新興宗教の境目は、宗教を名乗っているかいないかだけの差でしかない。

 むしろ宗教になると信者が嫌がるので宗教法人は名乗らない。すでに儲けていて表に出たくないヒーラーは大手出版社から本を出したり、メディアに出たりという目立った動きをしない。目立ってしまうとその行動の矛盾を突かれてしまうからだ。ぜいぜい自費出版で本を出すくらいで、抜け目ない。

 妻がスピリチュアルにはまっていると思っていたら、そこが宗教的な団体になっていたなんてことが今後続発することだろう。家に帰って、妻がハマっているスピが宗教集団化していないか、ヒーラーが教祖化していないかを確認してみることをおすすめする。

 だが、妻は「そんなんじゃないのよ。ただのスピ好きだから」というに違いない。ホストにはまるより無害でいいと思っていたら大間違い。ふと気づいたら妻がヒーラーに大金をつぎ込んでいる事実に直面することもめずらしくない。

 もちろんすべてのスピリチュアルが宗教団体化しているわけではない。だが数年後には振り返れば「スピリチュアルブームは新興宗教のはじまりだった」といわれる可能性が高いことは間違いないだろう。

<文・小出平走歌>