アメリカの研究機関 北朝鮮のミサイル施設は「待機状態」と分析

ざっくり言うと

  • アメリカの研究機関が17日、北朝鮮のミサイル発射施設の衛星写真を公開した
  • 敷地内の様子に大きな変化は見られず、施設は「待機状態」だと分析
  • 9日に撮影されたもので、新しい燃焼実験もしていないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング