渋谷MODYの8階。平日はそれほど混んでいない

写真拡大

 幼児の声が雑音と解釈されてしまうほどイライラが募ったこの社会では、カラオケの密室感は、誰からも被害を受けない数少ない安心できる空間である。特に暑さの厳しいこの時期、フラストレーションは溜まり、上司や部下からとばっちりを受けることも多いはず。

 そうした中、冷房の効いた個室でひとり快適に過ごせるのは、サラリーマンにとっても願ったり叶ったりである。そこで日本唯一のカラオケ評論家の唯野奈津実氏に、歌う用途以外でも快適に過ごせる、おすすめのカラオケ店を教えてもらった。

「サラリーマンにいま最もおすすめしたいのが、渋谷にある『レインボー』。NYの街並みをイメージしたお洒落な快適個室で、料理も高級料理店並みの本格派。なのに平日昼間の室料が1時間タダ(ただしワンオーダー制)。ゆったりとした気品のある空間で、心も安らぐのではないでしょうか」

 また、本来のカラオケとして使うにしてもレインボーは申し分ない。週末の夜でも意外と空いている上に、お酒の種類も豊富。EPOSカードを使うとなんと料金が30%引きになる。(9月末まで)渋谷で飲み会がある日には、押さえておきたいお店だ。

 忙しい人でも落ち着いて昼食が取りたいときは、シダックスの『ゆったりランチ』が個室も使えてお手頃だそう。

「こちらもルーム代が1時間無料で、全品620円のドリンク・デザート付き。食に定評のあるカラオケ店です。同じくらいの値段で、混雑したファストフードで食べるくらいなら、絶対こちらでしょうね」

 二次会や宴会で使うときに、従来とは違う面白さを味わえるカラオケ店もある。

「関西を中心に展開しているカラオケボックスチェーン『ジャンボカラオケ広場』には、ボルダリングルームのある店舗が4店舗あり、『歌う』『登る』を同時に体験できます。カラオケが苦手な人でも、これなら誘いに乗りやすいはず。合コンだったら女子ウケ間違いなしです」

 優雅な昼食、ビジネスシーン、ウケ狙いのためなど、カラオケを歌と無縁な場所として活用するのも、賢い利用法かも。

◆日本唯一のカラオケ評論家が教える「歌以外でも使えるカラオケ店ベスト3」

1位 レインボー(渋谷)
NYの街並みをイメージしたお洒落な空間が、平日昼間なら室料1時間無料。NYスタイルのランチを堪能しながら、ニューヨーカーの気分を味わえば、午後の仕事もはかどる

2位 シダックス (全国)
食に定評のあるランチ(ドリンク・デザート付き)が全品620円は超お得。食べた後は、仮眠を取るのもよし、歌ってストレス発散するのもよし。現在は期間限定で全品580円(終了期間未定)

3位 ジャンボカラオケ広場(大阪・京都・兵庫)
ボルダリングで遊べる部屋がある。会社の飲み会では同僚や上司、合コンでは誰かが歌っているときに落ちれば、盛り上がること間違いない

【唯野奈津実氏】
日本唯一のカラオケ評論家で、カラオケ大会プロデューサーの顔も持つ。カラオケ業界のスポークスマンとして、TBS「マツコの知らない世界」などテレビ出演多数。著書に『カラオケ上達100の裏ワザ』(リットーミュージック)など
公式サイト:唯野奈津実のカラオケの世界 http://enjoysing.com/

<取材・文/キンゾー>