日本でも多くの人が楽しんでいるジョギング。

真剣に取り組み、マラソン大会に出場する人も少なくありません。

※写真はイメージ

約20kmを走るハーフマラソン。いくら好きとはいえ、走っているランナーにとっては、かなりつらいものです。

しかし、沿道で声援を送ってくれる存在に、力をもらえることもあります。

カナダで目撃された、警察官の粋な応援。

ぜひご覧ください!

DO YOU KNOW HOW FAST YOU'RE GOING?

どれだけ速く走ってるか分かってる?

実は、このメッセージはスピード違反を取り締まる際に「あなた、どれだけの速度で走行しているか、分かってるの?」といったニュアンスで使われるもの。

マラソン大会での応援メッセージに使えば、「スゴく速いわね!」といったポジティブな意味合いになります。

この粋な光景が海外の掲示板Redditに投稿されると、称賛の声が寄せられます。

こういうの大好き!遊び心のある警察官っていいよね。スピード違反の注意喚起をマラソンの応援に使うなんて…センスあるわ。走りながらドキッとしてしまいそう!でも、ユーモアのある警察官ね。

ちょっとお堅いイメージもある警察官。

こういった遊び心のある活動で、市民との距離を縮めているのかもしれませんね!

[文・構成/grape編集部]