恋人同士が離れた場所でそれぞれ暮らし、なかなか会えない状態で交際を続ける「遠距離恋愛」。会いたい時にすぐ会えないのはつらい状況だと思いますが、今は安く飛行機が乗れるLCCもあるし、LINEやスカイプのようにお金がかからずチャットや通話ができる機能も発達しています。そう考えると、昔に比べると遠距離でも恋愛がしやすくなっている環境にあるといえそうです。

今や4人中3人は遠距離恋愛経験者!ネットの出現で、出会いはワールドワイルドに!

オンライン総合旅行サービス「DeNAトラベル」では、10代から60代の男女1488名を対象に「遠距離恋愛」に関する意識について調査しています。まずは「今までに遠距離恋愛をしたことがありますか?」という質問をしたところ、なんと「ある」が77.1%!ないほうが完全に少数派ということが判明しました。なぜこんなに遠距離恋愛経験者がたくさんいるのでしょうか? そこで「遠距離恋愛となったきっかけ」について、多かった意見をランキング形式で紹介します。

遠距離恋愛となったきっかけ

1位 付き合ってからの引っ越し……43.2%

2位 旅行先の出会い……20.1%

3位 インターネットでの出会い……14.7%

4位 仕事での出会い……11.1%

5位 お見合い……1.7%

注目したいのは3位の「インターネットでの出会い」。国内はもとより世界中でリアルタイムにつながるインターネットでは、仲良くなるのに住んでいる場所は関係ありません。やはり77.1%という高い数字は、昔と違ってインターネットのよるコミュニケーションが発達したことに大きな関係があるような気がします。

LCCの出現で昔に比べてリーズナブルに飛行機が乗れる時代となったのも、遠距離恋愛には追い風?

遠距離恋愛は国内より海外が主流!交通費だけで10万以上も珍しくない

次に紹介するのは、「遠距離恋愛で離れている距離」。実は同調査の結果によると、一番多いのはなんと「海外」(35.7%)だそうです。続いて「3時間から4時間未満」(18.2%)、「2時間から3時間未満」(15.3%)、「4時間から5時間未満」(10.5%)、「6時間から12時間未満(8.1%)となっていますが、そうなると当然かさむのは、会いに行くための交通費。そこで同調査では、会うための使用金額(往復)と会う頻度についても調査しています。

いくら10万円以上の出費があっても、数年に1度はごくわずか。遠距離恋愛はお金がかかります。

やはり金額がかさむと、会う頻度が減るのは当然のこと。同調査によると全体の23.2%は「10万円以上」かかると答えているそうですが、うち39.5%が「半年に1度」、22.1%が「3か月に1度」と回答しています。3か月はもちろん、半年に1度でも10万以上の交通費が飛ぶのは、よほどの愛がないと厳しい負担ではないでしょうか?いくらLCCが普及してLINEやスカイプが使えても、やはり遠距離恋愛は今でも大変なのです。

距離は近すぎても遠すぎてもダメ?恋愛は継続できるが結婚できない理由

そんな大変な遠距離恋愛ですが、2人の関係はどのくらい継続しているのでしょうか?同調査では対象者に「遠距離恋愛はどれくらい続きましたか?」と調査しています。

遠距離恋愛はどれくらい続きましたか?

1位 今も続いている……39.0%

2位 結婚した……16.0%

3位 2年以上続いたが別れた……14.8%

4位 1年以上〜2年未満で別れた……13.9%

5位 3か月以上〜1年未満で別れた……12.8%

6位 3か月未満で別れた……2.2%

なんと全体の約4割は、遠距離恋愛が継続中。続いて「結婚した」が多いというハッピーな結果に。意外にも、遠距離は恋愛の障害とならないことが多いようです。

また同調査では、2人の距離別に「今も続いている」と「結婚した」の割合を調べてみたところ、興味深い結果となりました。

移動距離2時間から5時間くらいの遠距離カップルは、一番結婚率が高いようです。

「今も続いている」が一番多いのは、距離が「1時間以上から2時間未満」(50.0%)と遠距離の中では一番近い人たちですが、「海外」という最も距離が遠い人たちも、ほぼ僅差で(49.0%)で交際の継続率が高い結果となっています。しかし一方で「結婚した」が少ないのも「1時間以上から2時間未満」(10.0%)と「海外」(10.7%)なのです。

この結果を考察すると、距離が近いといつでも会えることから継続率は高い反面、「いつでも結婚できる」という安心感で結婚が遅れてしまうのかもしれません。一方海外の人は、やはり国が違うと結婚に躊躇する気持ちは理解できます。しかしなぜ、恋愛の継続率が高いのでしょうか?もしかすると距離が離れすぎているとお互いの悪いところが目につかず、会うといつでも新鮮な気持ちになって恋愛が長続きするのかもしれませんね。

【調査概要】
調査主体:株式会社DeNAトラベル
調査対象: 10代〜60代の男女1488名
調査期間:2017年8月1日(火)〜8月3日(木)
調査方法:インターネット調査