体幹を刺激する〜ゴルフをやらない人も体すっきりゴルフヨガ 8/14 〜

写真拡大 (全2枚)

体幹を鍛えるためには、今の体のゆがみをリセットすることが大切。そのリセット方法にピッタリの“ゴルフヨガ”は、ゴルフをする人はもちろん、ゴルフはやらない人でも大いなる効果あり。今回は体幹に直接、刺激を与えるポーズです。

体幹に効くポーズ

健康維持に欠かせない体幹全体を意識するポーズ。全身を大きく動かしながら、上半身と下半身の力を、うまく連動させていきましょう。ウエストや太モモ、お尻の引き締めが期待できます。ゴルフでは安定したスイング体勢を生み出します。

1:大きく両足を開き、右足のつま先を90度外側に向けながら、右ヒザを曲げます。
2:右手でゴルフクラブのグリップエンドを握りながら、右つま先の延長線上に真っすぐ立たせます。右ヒジが曲がらないよう、できるだけ遠くに置いてください。
3:頭は上を向き、左手は腰に。体の側面が伸びていることを意識しながら、3〜5回の腹式呼吸をゆっくりと行いましょう。

4:応用編として、左手もグリップエンドに添えて腹式呼吸を行うと、体の側面がさらに刺激されます。

※左右の手足を換えて1セットとし、3〜5セット繰り返しましょう。

次回は上半身をひねるストレッチで、体のバランスを確認します。

 

ライター:吉松由紀子
監修:今井美紀/コアコントロールやインナーマッスルを強化するSpoYogaディレクター。
モデル:大石尚子
写真:樋口勇一郎