悲惨な事件が起きた

写真拡大

FCバルセロナのホームタウン、スペインのカタルーニャ州バルセロナでテロ事件が起きた。
17日木曜日、車が人ごみに突っ込みこれまでに13人が死亡、80人がけがをしたと報道された。
犯人はその後逮捕されたが、詳しい詳細は分かっていない。

【関連記事:バルサ「会長辞めろ」を非難】

現場はバルセロナ中心部、観光客にとても人気があり、一つの観光スポットでもあるカタルーニャ広場のランブラス通りで起きた。一台の車が人ごみに突っ込み600メートルにもわたって人々をなぎ倒しながら蛇行運転を続けたという。
その後車を降りて逃走した犯人は地元警察が逮捕したと発表された。

また、過激派組織「イスラム国」系の通信社は、先ほどの事件は戦闘員によるものだと発表。スペイン・バルセロナでイスラム国による悲惨な事件が起きてしまった。

メッシを始め、ネイマールなどもSNSでこの事件に対しメッセージを配信している。