こだわりのパンを食べたいなら"自宅で焼く"がオススメです

写真拡大

パンが主食の一翼を担うようになり、自宅でも焼き立てのパンを食べたい、自家製のパンを作ってみたいという人も多いのでは? パナソニックが発売を予定している新たなホームベーカリーなら、パン好きも納得の自家製パンが堪能できそうです。

11月上旬より発売される「ホームベーカリー SD-MDX100」は、一般的なパンから本格的なパンに至るまで、自宅でさまざまなパン作りを楽しめます。材料を入れてスイッチを押すだけの<オートメニュー>では、小麦粉で作る通常の食パンから米粉、ライ麦、天然酵母など生地に合わせたパン、フランスパンやブリオッシュ、焼き上がったパンの白い部分“クラム”の味わいを楽しめる<パン・ド・ミ>など、数種類のパンを焼けます。また、パン以外にもケーキやジャム、餡、餅、パン生地の固さ設定や、うどん、パスタ、ピザの生地作成などを含め、全部で41種類のメニューが用意されています。

さらに、本機で新たに搭載された<マニュアル機能>では、パン焼きの重要な要素である、ねり・発酵・焼成を、それぞれ4段階+各工程の時間設定が可能。生地の状態を確認するための一時停止や"ねり"の速度変更などの調整もでき、より本格的なこだわりのパン作りを楽しめます。焼き上がり時間を設定できるタイマー機能や焼き色設定も搭載しているので、セットしておけば朝の起床時や帰宅時に焼き立てのパンが食べられます。

自家製パンに留まらず、食のバリエーションも一気に豊富となりそうなホームベーカリー。一斤焼きタイプで、本体カラーはホワイトとブラックの2色。価格はオープンプライスです。

>> パナソニック「ホームベーカリー SD-MDX100」

 

(文/&GP編集部)